はらいかわてつやです。

成績をあげなければならない営業マンが必ず知っておかなければならない心理学の理論がザイオンス効果と返応性の法則です。
ザイオンス効果とは、「触れる機会が多いものや人に対する好感度はその触れる回数に比例する」という理論です。
毎日触れるものに人は好感を抱きがちです。
ですから営業マンは得意先に顔を出す機会をなるべく多くしなければならないのです。

そしてもう一つが返応性の法則です。
これは「人は誰かに何かを与えられると、その人にお返しをしなければならないと無意識に思い込む」という理論です。
これは私がビジネスを行ったり教えたりする際に一番重要視している考え方です。
これはテクニックではありません。
なぜなら、相手にひたすら与えまくるだけでいいからです。

私はサイト上で情報を一方的に発信しています。
また、メルマガでも売り込みなどはほとんどせず、有益で質の高い情報を読者の方に伝えることに特化しています。
ですから、サイトやメルマガのアンケートをとると、とても反応がいいです。

親や親友、恋人の頼みでない限り、メリットも無しに他人が自分の頼みを聞いてくれることはほとんどありません。
ですから何もない状態から信頼関係を築くには、相手のメリットだけを考えてただひたすら与えることだけをしていればいいのです。

これはすべてのビジネスに言えることです。
この手法を取り入れている代表的な企業がリッツカールトンやディズニーです。
これらの企業はお客様の想像を超えたサービスをひたすら提供します。
そうすることによってリピーターや口コミなどの大きな結果を生むことができているのです。

ただ、個人や中小企業がそのレベルのことをするのはほぼ無理です。
ですから、「お客様にとってどれだけ有益なサービスを提供できるか」という方向に考え方をシフトさせましょう。

私は個人でネットビジネスを始めようとする人にはまず、「自分が持っている知識をすべてさらけ出すこと」を薦めています。
「小出しにしなくて大丈夫なのか」と心配する人が多いですが基本的にその心配は不要です。
最初からすべて出してしまった方がアクセス数を稼げますし、あなたをブランディングすることもできます。
ひたすら与えることでお客様はあなたのことを意識し始めるのです。

また、多くの人は最初から情報をすべて出すことができません。
ですからあなたの方が有利なスタートラインに立てるのです。
多くの人が真似できないようなことをして初めてビジネスが成立します。
情報をすべて出したサイトを作った後に、自分と同じようなサイトを作るためのノウハウを教えるセミナーを開いたり教材を販売することもできます。
コンセプト、ステップ、マネタイズなどが分からない人に向けて伝授するのです。

そもそも、多くの人が真似できるようなノウハウを公開することに意味はありません。
内容の薄いサイトを量産するアフィリエイトの手法がありますが、レベルの低いサイトを作り続けているからこそ彼ら自身のレベルも低いままなのです。
返応性の法則を利用して質が高く、誰からも感謝されるようなサイトを作ることこそが最強のSEOであり、本当のネットビジネスであると私は考えています。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で