はらいかわてつやです。

前述したように成功をおさめている人には、朝型の人が多いです。
仕事は午前中に取り組み、午後はその勢いでこなしていくというパターンのほうが成功しやすいのです。したがって、睡眠はきちんととったほうがいいです。睡眠不足の状態では、人間の脳は働くことができません。午前中もボーっとした頭のままでは、成功できるわけがありません。

オランダのアムステルダム大学の教育心理学者であるアニー・メイジャー博士は、研究によって、睡眠の質が良い人ほど毎日仕事に対して熱心に取り組む傾向があることを明らかにしました。逆を言うならば、夜なかなか寝れないで、さらに朝低血圧でなかなか起きれないなんてことではうまくいくわけがないのです。

ただし、睡眠時間は長いからといっていいわけではありません。メイジャー博士が行った調査でも、睡眠時間の「長さ」ではなく、「質」を重要視しています。時間は長いけれど途切れ途切れな浅い睡眠よりも、短くても深く質の良い睡眠のほうがいいのです。最近の傾向としては、睡眠の時間よりも質を重要視しているのです。

早く寝るかということはおいておき、布団に入ったらすぐに熟睡し、夢なんか見ずに気が付いたらあさだったというくらい眠ることができる人、すなわち睡眠の質が高い人ほど、熱心に仕事に取り組むことができます。

だから、布団に入ったら何も考えずに眠りにつきましょう。布団の中には、仕事やさまざまな悩み事は持ち込まずにぐっすり眠るのです。あれこれ頭を悩ませて、寝返りを何回もうっているようでは、明日への活力、やる気は湧いてきません。

先ほど述べたように、睡眠時間の長さは問題ではありません。多少短かったとしても、ぐっすりと眠ることができていれば問題ありません。だから、「私は睡眠時間が短いから疲れている」なんて思いこまずに、朝は思いっきり飛び起きましょう。そして、カーテンをバーっと開けて朝の光を全身に浴びましょう。そして「今日も良く寝た!!」と叫び、自分をだましましょう。そして、清々しい気分で一日を始めましょう。そうすれば、一日の仕事が順調に進むはずです。

中には「夜型の生活からどうしても抜け出すことができない」と悩んでいる人もいるでしょう。
その際、なかば強制的に睡眠のリズムを変えてしまうのもありです。あえて一晩完全に徹夜をして、次の日に早く寝てしまうという手です。すると、朝早く起きることができるので、それが上手くいけば睡眠のリズムを変えることができます。

このように睡眠は重要です。質の良い睡眠をしっかりととることが、一日の成功、さらには人生の成功に繋がっていくのです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら