こんにちは、はらいかわてつやです。

仕事で成功したいと思っている人は、夢を持ちましょう。前述していますが、夢を持つことはとても重要です。夢を持たなければ何も始まりません。

とは言っても、ただ単に夢を持つだけではダメで、どのような夢をどうやって叶えるかにも心理学的なテクニックが必要なのです。とりあえず言えることは、あまりにも非現実的すぎるような夢は止めたほうがいいということです。
実現可能な夢というものは、イメージしたときに明確に手に取るように見えるものでなくてはいけません。
あまりにも非現実的な夢は、自分がその夢の世界にいるというイメージをすることができないのです。夢と今の現実のギャップがありすぎると、そのギャップが不満へとつながってしまい、かえって自身を喪失してしまうことになります。素人がいきなりオリンピック出場を目指すのと同じで、自己嫌悪に陥ってしまうだけなのです。

だから、実現するためには多くの努力を要するけれど、決して不可能ではないような夢を持つことから始めましょう。

自動車でたとえるならば、今まで軽自動車に乗っていた人が、いきなりロールスロイスやフェラーリなどを乗りこなす夢を持つのではなく、まずはクラウンぐらいを目標にするのが現実的ということです。

「自分はフェラーリを乗りこなすような大物になる」という夢もけっこうですが、あまりにも非現実的なものならば、ハードルも高すぎてスモールステップの原理にも沿いません。したがって、突飛すぎない現状をしっかりと把握した夢を立てましょう。

最終的にはフェラーリでもいいですが、まずは夢を小さく分割してささやかなものにしましょう。まずはクラウン購入を目標にし、クラウンに手が届きそうになったら「ここまで頑張ったのだから」と、フェラーリ購入へと目標をシフトさせるのです。

人間というものは夢をかなえてしまった時点で目標を見失ってしまいます。クラウン購入があくまでも初めの目標であったのに「もういいや」という気持ちになってしまうのです。よって、夢がかないそうな直前で、さらに次の夢へとより高い目標へとシフトさせるのです。

年収にたとえると、年収1000万円を目標にしてきたならば、800万円くらいになったところで、スッと1500万円くらいに目標を変えてしまうのです。

夢が叶ってしまうとそこで向上心がストップし、現状維持すらできなくなってしまいます。「今のまま」を維持しようとすれば、「今のまま」は維持できないのです。

会社でも同じで、「ある程度経営も安定してきたから、これからは現状維持に努めよう」としてしまうと、業績は一騎に下降していきます。これはよくあることで、会社というものは常に成長を目指していなければ、存続することが難しいのです。

私も、今はメルマガも20万人を超える読者がいますが、これがもし「1万人でいいや」と考えていたら、そこから下降する一途をたどり、メルマガを続けることができなくなっていたかもしれません。たしかに私の当初の目標はメルマガの読者1万人でした。それを徐々に1万、3万、10万と高くしていったからこそ、今や20万人を超える読者を獲得することができるようになったのです。

今では、目標を引き上げてよかったと強く感じています。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら