こんにちは、はらいかわてつやです。

叱られたり、ほめられたりして育った人は、
叱られたり、ほめられたりしないと行動をしなくなる。
そして、評価してくれない相手を
敵だと思うようになるのだ。
アルフレッドアドラー

人を育てる方法として、アメとムチ、つまりほめたり叱ったりする方法が正しいといまだに信じている人がたくさんいます。
この方法は明らかな間違いです。

アメ、つまりご褒美やほめたりすることにつられて、人の言う事を聞いて動いている人がいたとすると、その人は自分の意思
で行動しているのではありません。

アメ、ご褒美やほめ言葉をひとたびやめてしまえば、たちまちその人は行動をやめてしまいます。

つまり、アメで相手を動かしている限りは、一生ご褒美やほめ言葉をやり続けなくてはならないのです。

しかも、アメをあげる人間が見ていないところでは、相手はその行動をとりません。

アメをあげる人間が見ている時にだけしか、その行動を取らないのです。

逆にムチ、叱ることや罰を与えることで、相手の望ましくない行動をやめさせることも同じことです。

アメの時と同様、自分の意思で望ましくない行動をやめているわけではないのですから、ムチがなければ望ましくない行動を続けるのです。

ムチを与える人間の見えないところでは、相手は望ましくない行動をとり続けるのです。
つまり、アメとムチは全く根本的な解決にはならないのです。

実は、アメとムチは根本的な解決でないだけではありません、ほめたり叱ったりされることでコントロールされることに慣れて
しまった相手は、そのうち自分を褒めてくれない人間を敵だと認識するようになるのです。

「どうしてあなたは私のことをほめてくれないの?」と相手を責めるようになるのです。

このように、人を育てようとする時に相手をコントロールしようとしてはいけないのです。

それは教育ではないどころか、むしろ逆効果になってしまうのです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
はらいかわてつや

Dr.Freedom


Facebook 11万いいね!突破

メルマガ読者数23万人突破

YouTube 100万再生突破


心理学者、プロモーター

株式会社プログレッシブジャパン代表取締役社長

日本働き方改革推進本部 監査役

世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人


平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、

過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。


詳しくはこちら


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で