こんにちは、はらいかわてつやです。

根拠など無くて良いので「自分は上手くいく」と思いこみましょう。

思いこみの力がどれほど強いかを示している、以下のような実験があります。

被験者に数十枚の遺書を渡し「これらの遺書が本当のものか、それとも私が用意した偽物の遺書なのかを見分けてください」と告げます。

実際には、その中に本物の遺書など一枚もありません。

その事実を知らない被験者たちは、本物を一生懸命見分けます。

そして、その後嘘の成績発表を行います。

全部偽物なので成績なんてつかないのですが、「能力あり」のAグループ、「普通」のBグループ「能力なし」のCグループと、発表したのです。

話の本題はここからで、成績発表後「先ほどの実験はインチキで、成績もでたらめなのです。」とネタばらしを行ったのです。

そして、被験者に「先ほどの実験を実際に行うとしたら、あなたはどのくらい成功できると思いますか」と質問したところ、Aグループの人は「実際でもかなり成功できる」と言い、Cグループの人は「実際にやってもあまり成功しない」と答えたのです。

インチキだったと分かったにも関わらず、一度思い込を与えられると、それに知らず知らずのうちに引き込まれてしまうのです。

この実験を行ったスタンフォード大学のリー・ロス教授によると、「インチキだと告げられても、思いこみを強めてしまう」ということだそうです。

思いこみは、それが極端に間違ったものであると失敗にもなりかねませんが、成功するために自分を高めたいのであれば、この力を利用しない手はありません。

成功したいのであれば、「自分は成功する」という根拠のない思い込みを持ちましょう。

その思いこみの力は、必ずやあなたを成功へと導いてくれるでしょう。

先ほどの実験の大きなポイントは、実験者によって「あなたは能力がある」とか「あなたは才能がない」というフィードバックがあったという店です。

つまり、他人に言われたことが、強い思い込みとして残ったのです。

自分自身で「成功する」と思いこむことも大切ですが、他の人に「あなたは成功する」と言ってもらうことは、とても重要なのです。

だから、「お願いだから私を褒めて」と周りの人に頼んでみましょう。

家族でも恋人でも友人でも誰でもいいので、『「あなたなら必ず上手くいく」と言って』と自ら頼んで、「思いこみのシャワー」を体全体に浴びましょう。

周りの人にたとえ嘘でも「あなたはできる」言ってもらうことができれば、思考をポジティブに洗脳してもらうことができるのです。

周りに頼める人がいないと言う人は、お金の力を借りて、「ごちそうするから褒めてくれ」と取引するのもいいですし、「今度おごるから褒めて」と懇願するのもいいでしょう。

または、夜の街へくりだして豪華なお店に行き、美女たちに囲まれて王様のように扱われましょう。

そして思い込みのシャワーを嫌と言うほど浴びてポジティブになりましょう。

それなりの出費はありますが、成功へ向けての先行投資と思えば安いものです。

私も、時々そういうお店に繰り出し「あなたって天才ね。何をやっても上手くいくんだから。」というような背中がかゆくなるような言葉をもらっています・・・かどうかは、あなたのご想像におまかせします。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら