こんにちは、はらいかわてつやです。

さらに外見の話を続けましょう。背の低人にとっては少し酷ですが、成功するには高身長の人が有利です。少しではなく圧倒的に有利なのです。しかもそのことを示すデータはたくさん存在します。

そのうちのいくつかを紹介します。
イギリスのリバプール大学のチュビア・メラメント氏は、以下のような研究を行いました。
61名の男性と71名の女性を対象に「身長と出世の度合い」について比較したのです。
すると、男女ともに高身長の人ほど出世しやすいという結果が得られたのです。

男性の場合は、身長が163㎝の人よりも193㎝の人が、女性の場合は147㎝の人よりも180㎝の人の方が出世には有利なのだということが判明したのです。

さらに、ウエスタン・ニューメキシコ大学のトーマス・ヤング博士も、以下のような研究を行っています。大学生を対象に「アメリカの歴代大統領の中で誰が最も偉大であるか?」というアンケート調査を行ったのです。すると、上位の4人が「リンカーン」「F ・ルーズベルト」「ワシントン」「ジェファーソン」という結果でした。この4人の身長が他の大統領の平均よりも大幅に高かったのです。すなわち、高身長の人の方が尊敬されやすく人気があるということです。

一方、「無能であると思う大統領は?」という質問に対しては、「リンドン・ジョンソン」「ブキャナン」「ニクソン」「グラント」「ハーデイング」という結果になりました。

あまり知られていない大統領もいますが、今回は大学生の評価と身長に関することを調べているので関係ありません。

ヤング博士は、偉大であるとされた4人と無能であるとされた5人の大統領の平均身長を計算し比較しました。すると、偉大であるとされた4人の平均は74.63インチ、無能であるとされた5人の平均は70.60インチでした。つましおよそ4インチ、センチメートルに換算するとおよそ10㎝くらいの差があったのです。

さらにこの調査で最も偉大とされた大統領が「リンカーン」だったのですが、リンカーンは歴代大統領の中で最も高身長でした。さらに、身長が6フィート以上の大統領で無能と評価された人はいませんでした。

つまり、高身長の大統領ほど偉大であると評価されやすく、身長が低い大統領ほど無能と評価される傾向にあったのです。これは、身長が高い大統領ほど偉大な業績を実際に残していることもあります。ちなみに偉大とされた4人の大統領は、ラシュモア山に巨大な顔を彫刻されその偉業をたたえられているのです。

この調査は、政治に関する話ですが、ビジネスにおいても同じことが言えます。年収と身長の関係を調査すると、身長が180㎝以上の人は、高収入の人が多いといいデータが得られています。心理学的な結論からも、出世においても周りの評価においても、収入においても高身長の人の方が有利と言えます。

確かに高身長の人は、さまざまな面において印象が良いですし、身長が低い人よりは人からバカにされにくいでしょう。日本語には「見下す」という言葉がありますが、これは文字通り身長の低い人が見下されてしまいがちなのです。反対に身長の高い人は人から見あげられます。「あの人は見上げたものだ」という言葉があるように、なんとなく尊敬されてしまうのです。心理的な面からも目線の高さというのは影響しています。

では身長の低い人はそのビハインドをどうやってカバーすればいいのでしょうか。解決策は、常に背筋を伸ばして胸をはっておくことです。背筋をぴんと伸ばして歩くだけで、3㎝は実際よりも高く見えます。

「たったの3㎝・・・」と「見下して」はダメです。その3㎝がビジネスにおいて成功するかどうかのカギになっているかもしれないのです。

また、姿勢が前かがみになっている人は、自信がなさそうな印象を与えます。3㎝身長を伸ばすつもりで背筋を伸ばしていると、それだけで堂々とした態度をとることができるのです。そうすると、相手の出方も変わってきます。

さらに加えてアドバイスすると、ワイシャツの柄は横じまよりも縦じまの方がいいです。

なぜならば、錯覚によって縦じまを着ていると縦方向に長く見えるので、それだけで背が高く見えるからです。

ネクタイも同じで、縦じまか右上がりの斜めじまでもいいでしょう。上に上がっているような柄を着ると身長が高く見えるのです。
あとは、シークレットブーツのようなかかとを上げ底するタイプの靴を履くのもいいです。

それからこれは身長に関わらず誰にでも言えることなのですが、人と話をするときは少し距離を空けて話すほうがいいです。距離があまりにも近いと、目線の高さが際立ってしまい「見下す」「見上げる」の関係が顕著になってしまいます。「立ち話もなんですから」と一言言って、椅子に座って話すのもいいでしょう。座高の差が出たとしても、立ったときの身長差がはっきりと分かるよりかはだいぶんマシです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で