こんにちは、はらいかわてつやです。

成功する人は自分の仕事を心から愛しています。それこそ仕事中毒というほど仕事に没頭します。それ自体はとても良いことです。
しかし、仕事だけを愛して家庭をかえりみないということは良くありません。仕事と家庭のバランスを上手に取ることが、仕事で成功することにも大事なことなのです。

人にとって家庭とは自分自身をつくる基礎です。その基礎の部分が不安定では、自分自身が安定できません。建物を建てるときも基礎がしっかりと固まってこそ丈夫な建物を立てることができるのです。さらに上に建て増しをしても基礎がしっかりしているので大丈夫です。しかし、基礎が上手くできていないと、建物がいくら立派で丈夫であってもいずれ倒れてしまうでしょう。

仕事と家庭の関係もこれと同じです。仕事では業績を上げたいけれど、家庭という基礎の部分がしっかりしていない人間は、周囲から見てもとても危ういです。

妻や子どもが病気にかかっていたり、精神が不安定になっていて、家庭環境がギクシャクしている状態で、しっかりと仕事に打ち込むことができるでしょうか。そんな人が大きな仕事をできるわけがありません。

現代のビジネスマンは自分の子どもと関わる時間がとても少なくなっています。夜遅くに帰っ
て子どもたちの寝顔だけ見て、朝は子どもが起きる前に仕事に出かける。そのような生活を続けたところ、たまの休みに子どもと遊べば「おじちゃん、また遊んでね」と言われる。このような生活をしていては、仕事でも成功できません。

カナダにあるヨーク大学で、組織行動研究をしているロナルド・バーク博士が、35~50歳までの年収10万ドル以上の成功者たちおよそ500人を対象に調査を行いました。
すると、成功している人は仕事と家庭のバランスのとり方が非常に上手であることが判明したのです。家庭に問題や不満がないので、仕事も一生懸命頑張ることができるのです。

そうは言っても、いつも「家庭が大事なので残業はできません」というのはあまり感心しません。前述したように現代の日本のビジネスマンはあまりにも家族と過ごす時間が少なくなっています。しかし、長ければいいというものではなく、会話のやり取りがとても大切なのです。人間関係の満足感にはこの会話のやり取りが大きく関係しているからです。たとえ、「毎日お疲れ様」「いつもありがとう」などといった短い一言であったとしても、想いがこもったものであればとても意味があります。

一方、「おまえは三食しっかり食べて昼寝して、エステも行って気楽でいいよな」とか「あんたこそいつも会社からまっすぐ帰ったことがいじゃない!変なお店にでも通っているじゃないの」といった皮肉めいた批判のやり取りをしていては、いくら長く一緒にいてもかえって関係は悪化してしまいます。量よりも質が大事ということです。

互いに思いやりを持って、ウソでもいいから感謝の言葉をかわし、「今日の君は、この花のように素敵だ」などとお世辞を言い合う。

そんなことが自然にできれば、家庭円満、そして仕事も成功するというわけです。

アメリカのカリフオルニア州立大学のサイモントン博士が、建築家や画家などいろいろなジャンルで天才と呼ばれている人を対象に調査しました。彼が多くの天才たちの自伝などから分析し得た結論はこうです。「1人だけで天才になった人はいない」。天才には、両親や先生、あるいは兄妹や親友といった良い支援者、周囲のサポートがあったのです。

あの有名な音楽家モーツァルトにも、父親の熱心な教育、サポートがありました。もしもそれらがなければ、彼があれほどの才能を発揮することはできなかったでしょう。ピカソの両親も親バカで有名で、「私たちの子どもは、軍人になれば将軍。聖職者になればローマ法王になる。」と褒めながらピカソを育てたそうです。
後にピカソは子ども時代のことを「自分のことを神様と思っていた」と語っています。そういった環境で育ったからこそあれほどの天才になったのです。

家庭が安定していれば、温かいサポートを受けることができます。だからこそ安心して仕事でもしっかりと才能を発揮し活躍することができるのです。

成功を手に入れるには、そのしっかりとした足場としてしっかりとした家庭が必要なのです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で