こんにちは、はらいかわてつやです。

末つ子は甘やかされて育ちがちだ。
そのため、自分では努力をせず、
無力さをアピールして人にやつてもらおうとする
「永遠の赤ん坊」になる傾向がある。
アルフレッドアドラー

末っ子だけは、他の兄弟と全く違う育ち方をします。

他の兄弟と違って、
「あなたもお兄さんになったのだから、これからは自分のことは自分でしなきゃね」
と言われて親から独り立ちを求められることが、一度もないのです。

つまり、末っ子はずっと赤ん坊のままで、
親に甘やかされる立場を失う事がないのです。

さらに、多くの場合、両親もこれ以上子供は作らないでおこう、
この子が最後の子だと考えているため、出来ることすべて
愛情をすべて末っ子に与えようとするのです。

こういったことから、末っ子は甘やかされて育つことが多いのです。

このように甘やかされて育った末っ子は、
第1子や第2子と違い、愛情を勝ち取るために
他の兄弟と争う必要もなかったため

自分の力で何とかしようと考えるよりは、自分の弱さや
無力さをアピールすることにより、周りの人たちに問題を
解決させようとする、他人任せの依存的な性格の子供になる傾向にあります。

このことが原因で問題のある子供に育つ
可能性が高いとアドラーは言っています。

また、末っ子は生まれた時から、自分より年長で
手本になる兄弟がいるために、多くの場合対人関係に優れています。

そしてよくあるのは、三人以上の兄弟で競合する場合には、
力のある一番上の兄弟に取り入り中間子に対抗することです。

しかし、これらの場合がすべてではなく、
すべての末っ子が甘やかされて依存的な子供なるわけではなく
年上の兄弟に対抗して努力して、成功者になることも
よくみられる事例だとアドラーは言っています。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で