こんにちは、はらいかわてつやです。

中間子は親の愛を独占したことがないため
競争的、攻撃的で、すねた人になりがちだ。
「自分の人生は自分で切り拓かなくてはならない」
と思う傾向にある。
アルフレッドアドラー

兄や姉といった自分より年長の者と、
弟や妹といった年少者に挟まれた子供のことを中間子といいます。

中間子は次の理由から競争的な性格になりやすいとアドラーは言っています。

まず、第1子は第2子が生まれるまでのあいだ、親の愛や関心を独占することができます。

また、末っ子は長い期間、甘やかされ、親の愛や関心を長い間独占することができます。

一方で中間子は、生まれた瞬間にすでに第一子がいて、
そのうち末っ子が生まれ、最年少者という扱いの期間も短く
一度も親の愛を独占したことがないため
生まれてからずっと競争を強いられるのです。

そういった理由から、常に他の兄弟をかきわけて
自己主張する必要があり、競争的な性格になりやすいのです。

また、常に上にも下にも競争相手がいるため、
その立場は不安定で、「自分は愛されていない」
「上の子や下の子だけひいきされている」
「自分は相手にされていない」などと感じやすいのです。

そのような結果「不正や不平等」に対して敏感になり、
自分が戦わなければならないと考え、
そうして攻撃的ですねた人になってしまいがちなのです。

また、中間子には、生まれた時から
身近に兄や姉といった、追いつくべき明確な目標があります。

そのため、現実主義となり、名誉よりも実益を重んじる傾向があります。

中間子の中でも、二人兄弟の場合には、
第2子は第1子とは正反対の性格になりがちです

第1子が内向的でおとなしければ、第2子は
社交的で活発などと言う風に全く逆の性格になりがちなのです。

これは第2子は、第1子に競合しないかたちで、
自分の特徴をアピールしようとするからです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら