こんにちは、はらいかわてつやです。

ネットオークションで出品する時に
値段の付け方で悩んだことのある人は多いのではないでしょうか。

多くの人は始まりの値段を
少し高めに設定する傾向があります。

入札された場合にある程度の値段が確保されるため、安心できるからです。

しかし、ビジネスでは多くの人がすることと
逆のことをできる人が成功します。

ですからこの場合、値段を低めに設定する人の方が
収益をあげられる可能性が高いのです。

ビジネスでは値段を比較できない商品ほど有利です。

例えばありふれた生活雑貨などはネット上で
すぐに値段比較ができるため、
一番安く売られているところで買われていきます。

しかし、年代物でプレミアがついた家具は
高いか安いかの判断が難しくなります。

素人には何でプレミアがついているのか
判断できないため、値段設定が甘くなるのです。

このように他の物と値段を比較できない商品を
オークションで売る場合、値段を安めに設定した方が
結果的に高く売れる傾向があります。

これには多くの心理学的要素が関連しています。

まず、最初の値段を高く設定すると
最初の一歩がなかなか踏み出せません。

そこで値段をあえて低くすることによって
入札するハードルも低くするのです。

これをフット・イン・ザ・ドアテクニックと呼びます。

そして最初のハードルが低いため、
多くの人がそのページを見るようになります。

そして入札が増え、訪問者数はさらに多くなります。

入札回数がゼロのページにアクセスしようとする人はあまりいません。

逆にたくさんの入札があるページには
「この商品は何なのだろう」ということで
よりたくさんの人が訪れるようになります。

これが心理学の「社会的証明の原理」なのです。

行列ができているラーメン屋がおいしそうに見えるのと同じ原理で
たくさん入札されている商品は良い商品に見えてくるのです。

また、オークションでは最後の方になって
値段がつり上がることがよくあります。

これには「一貫性の法則」が関わっています。

オークションで一旦入札するとどうしても
その商品を手に入れたいという思いが強くなってきます。

入札した人の多くがこのような心理状態になるので
一人一人がより高い値段で入札するようになります。

その結果、商品が落札される時には
高い値段がつくようになっています。

オークションで高い値段に設定すると
入札に参加する人の数が少なくなるので、
そのページを訪れる人も少なくなります。

少ない入札回数で落札され、
値段も思っていたより安くなってしまいます。

このことを理解してオークションで出品するときは
少し勇気を出して安めの価格で始めてみましょう。

値段比較がすぐにできる商品では難しいですが、
価格帯が曖昧な商品では有効な手段になるはずです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で