こんにちは、はらいかわてつやです。

講義で人の話を聞いていて
眠くなってしまったことはみなさんもあるでしょう。

少しでも難しいことを言われると
話が頭の中に入ってこなくなりますね。

自分の頭の中で想像できないような話を聞いている場合、
人間の脳は思考をストップさせてしまいます。

話をする相手の頭の中で想像しやすいかどうかはとても重要なことなのです。

しかし、心理学ではもう一歩踏み込んだ議論をします。

難しいことや想像できない話をされた場合、
単に思考を停止させるだけでなく、
相手のことを嫌いになってしまうのです。

逆に、分かりやすい話をする相手への好感度は高くなります。

つまり、相手に何かを説明するときはなるべく分かりやすく話さなければならないのです。

例えばあなたの友達が「私の長所を1つだけ教えて」
と聞いてきたとしましょう。

多くの人はすぐに答えることができると思います。

答えるのは1つだけなのですぐに思いつくし考えるのも簡単ですね。

しかし、「私の長所を10個教えて」
と聞かれた場合はどうでしょうか。

これにはかなり頭を悩ませなければなりませんね。

なかなか全部答えることはできないでしょう。

そして前者の方が質問された人は
相手に対して好感を抱きやすいですね。

後者は答える側に頭を使わせてしまうので印象が悪くなります。

このように、想像しやすいかどうかによって
相手に対する印象がまったく変わってくるのです。

この理論は人に対する印象だけでなく、
商品に対しても同じです。

商品のアンケートをとるにしても
好きなところを1個聞くのと
10個聞くのでは印象が全く違います。

後者の方が悪い印象を与えることになります。

ですから、ビジネスにおいてはストレスなく
顧客の頭の中に情報を送り込むことがとても重要になってくるのです。

人間は考えることを嫌います。

ですからどれだけ簡単に情報が入ってくるかが
その商品の人気を左右するのです。

このことを考えるとパソコンなどの家電製品の説明書を作っている人たちが
どれだけビジネススキルのない人たちかが分かりますね。

パソコンが得意でない人向けに図や写真などを使って
子供でも分かりやすいような説明書を作れば
それだけでも他のパソコンと差別化ができ、
少しばかり高くしても売れるようになります。

何かを説明するときは
難しい言葉を排除しながら説明するようにすると、
より理解してもらえるようになります。

特に難しい言葉が飛び交っているような業界で
それができると他の誰にも真似できないくらいの差別化が可能です。

そしてまた、ファンがつく確率も高くなります。

私の場合、学生でも理解できるように、
という目標をたててサイトの文章を書いています。

その結果、毎日のように感謝のメールが来るようになっています。

難解な言葉が並べられているようなサイトだったら
このようにはならなかったでしょう。

時たま、まわりくどいと言われるときもあります。

理解の早い人にとっては説明が長すぎるのかもしれません。

しかし、それであっても私は分かりやすく話さなければならないと考えています。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら
Tagged with →