こんにちは、はらいかわてつやです。

世の中には占いの好きな人が多いですね。

「血液型は何型?」という質問はあちこちで聞きます。

私自身はどうでもいいのですが、
なるべくそういう顔をしないようにしています。

実際のところ、占いには意味はありません。

このようなことを言うとたくさんの人から批判されそうですが、
心理学の世界ではすでに証明されてしまっているのです。

私より何倍も頭の良い人たちが言っているので間違いないでしょう。

これが真実なのです。

占いが支持される理由の一つに、バーナム効果があります。

誰にでも当てはまるような曖昧な質問をして、
自分に当てはめた質問であるという錯覚を起こすことです。

バーナム効果の実験では、同じ質問をたくさんの人にします。

そして多くの人は自分が当てはまっていると答えます。

いくつかの例をご紹介しましょう。

「あなたは何となく自分に自信がなく、それでも周りに認められたいと思っていますね。」
→よほどの自信家以外はほぼ全員の人がそう思っているでしょう。

「そしてそんな自分に対して悩み、不安になります。」
→悩みや不安を持っていない人間はいません。

「そういう自分を変えたいと願っていますね。」
→誰でもそうでしょう。

「実はあなたには秘められた才能があるので、それを生かせば大丈夫です。」
→これは多くの人が持っている願望です。

どうでしょうか。

冷静に考えてみると当たり前のことばかりですね。

世の中の占いの99%はバーナム効果により成り立っているのです。

誰にでも当てはまる当たり障りのないことを言い当ててるにすぎないのです。

それでも世の中の人たちは
「自分にぴったり当てはまっている」
と占いを信じてしまいます。

以前、「A型の教科書」のような血液型占いの本が大ヒットしました。

書いてある内容がその血液型の人に見事に当てはまっていたようです。

しかし、「A型の教科書」を内容を変えずに「O型の教科書」にしても
当たっていると評判になることは間違いありません。

バーナム効果で人を信じさせるのは簡単です。

しかし、このように占いがインチキであることは
心理学でしっかりと証明されています。

バーナム効果をビジネスに生かすこともできます。

商品を売るときのキャッチコピーにバーナム効果を使うのです。

例えば、ダイエット食品を売るときのことを考えてみましょう。

「長い間、ダイエットに悩んでいるあなたへ」
というキャッチコピーをつけるとします。

このとき、長い間とはどのくらいの期間を指しているのでしょうか。

これは人によって違います。

1カ月悩んでいる人もいれば10年悩んでいる人もいます。

しかし、どちらの人にとってもその期間は長い間になります。

ですからこのキャッチコピーを見るとどちらの人も
「自分のことを言われている」という錯覚に陥るのです。

悩んでいる、も同様です。

ちょっとダイエットしたいなあという程度の人も、
睡眠不足になるくらいダイエットのことを考えている人も
どちらも「ダイエットに悩んでいるあなた」
と言われて自分のことだと思うのです。

このようにバーナム効果をビジネスで活用することができます。

悪い方向に使ってしまうと詐欺になりますが、
良い方向に使って商品を売るための材料にしましょう。

はらいかわてつや

[mashshare]

著者プロフィール

はらいかわてつや
はらいかわてつや
Dr.Freedom

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

心理学者、プロモーター
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役社長
日本働き方改革推進本部 監査役
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人



平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら