こんにちは、はらいかわてつやです。

学会やセミナーなどで、講師が登壇する時に
座長などその場で一番偉い人から紹介してもらってから
話し始めることはよくあると思います。

これはなぜそうするのか、疑問に思ったことのある人はいるでしょうか。

自分の紹介なら自分でできるはずです。

よく分からない他人に紹介してもらうよりも
自分のことを自分自身の言葉で語る方がより
詳しく伝えられるのではないでしょうか。

しかしそのようなことはまずありません。

講師は必ず座長などその場の長から一言紹介を受けた後に喋り始めます。

なぜこのような面倒なことをわざわざするのでしょうか。

人間は権威のあるものに弱いです。

権威によって心を動かされます。

この権威を自分につけるための方法が
「他人に紹介してもらう」ということなのです。

自分で自分の実績を話して権威をつけようとするとどうなるでしょうか。

自分の素晴らしいところを自ら語るわけですから
やはり信頼することは難しいでしょう。

少し胡散臭くもあります。

また自慢しているように受け取る人も出てくるでしょう。

その実績の証拠となる成果や知識をつけ加えれば
多少は信頼度は上がりますが、短時間で理解してもらうのはかなり難しいです。

そこで他人に自分のことを紹介してもらうという方法をとるのです。

自分で自分の実績を語るよりも他の人に
「この人はこういうことができる素晴らしい人です」
と紹介してもらうのです。

これによって信頼度は格段に変わります。

この法則を利用している会社があります。

普通の会社に用件があって電話をした場合、
まずは受付の人が最初に電話をとり、
担当の部署へ電話をつなぎますね。

その時に「担当の者に代わります」と言うだけではなく、
「その用件でしたら営業成績トップの○○におつなぎします」
という風に言うのです。

このように最初の電話の時点で権威づけをして
信頼性を高めておけば、その後の取引や交渉などもスムーズに進みますね。

当たり前のことですが同じ人に何回もこの手段は使えません。

逆に嫌われてしまいます。

ですからこれは顧客からのクレーム対応などで使える手段なのです。

いずれにせよ、自分で自分を語るより他の人に紹介してもらった方が
ずっと信頼性は高いですし、それだけの権威もつけることができます。

この手段はセミナーや学会だけで通用するものではありません。

さまざまな場所で通用する普遍的な理論です。

「テレビや雑誌で紹介されました」「○○博士も推薦」などの
うたい文句とともに売り出されている商品はたくさんありますね。

あれも同じ理論が使われています。

このことを理解したうえで企業が商品紹介を行うときに
狙いを定めていることを考えなければいけません。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で