こんにちは、はらいかわてつやです。

テレビではよく有名人がCMに起用され、商品の宣伝をしています。

これにはちゃんと理由があります。

有名人に宣伝させることによって
その商品のイメージも良くなるからです。

「○○さんも使っています」と宣伝することによって
商品と有名人を結びつけようとします。

実際にその有名人が商品を使っているかいないかは関係ありません。

もしかしたら使っていない場合もあるかもしれないのです。

しかし、なんとかして有名人から
商品を連想してもらうためにCMによってイメージを植え付けます。

これを「連合の法則」と言います。

イメージの良いタレントに便乗する形で商品を売り出していくのです。

このことはさまざまな場面で無意識のうちに行われています。

例えば良い知らせがあり、上司に報告する時はどうでしょうか。

おそらく何のためらいもなく報告できますね。

上司に良い知らせをすると
その良い知らせと自分を結びつけることができます。

そして自分の価値や評価も上げることができますね。

逆に悪い知らせはどうでしょうか。

とても話しづらいですね。

自分ではなく、他人の悪い知らせを報告するのも嫌だと思います。

自分のことではなくてもその悪い知らせと自分が
上司のイメージの中で関連づけられてしまうからです。

ですからましてや自分の悪い知らせなどなおさらしたくありません。

同じ商品を売るにしても、売る人間が違うと売れ行きも変わってきます。

営業職の人は扱っている商品は同じはずなのに
それぞれの人で営業成績が違いますね。

できる営業職の人はお客様の心理をよく理解しています。

そのために心理学の勉強などをちゃんとしているのです。

このようなことを学ばずに営業成績を上げる人もいますが、
そのような人は学ばずとも自然と心理学を身につけ、実践できている人です。

できる営業職の人はまず、お客様との楽しい会話だけを心がけます。

最初の頃は特に信頼関係を築かなければならないので、
商品を薦めることはあまりありません。

「自分=楽しい会話」というイメージを
お客様の中に定着させようとします。

最初の頃にそれができれば「自分が薦める商品=良い商品」
というイメージもお客様の中に生まれるのです。

営業の人でよく自社の商品が悪いから売れないと言う人がいます。

しかし一方でどんな商品でも売ってしまう
営業のエキスパートもいます。

ですから本当は商品が悪いのではなく、
その人の営業手法が悪いということなのです。

商品がどれだけ素晴らしくても
営業の人の話し方が暗ければ
その商品が売れることはありません。

その商品のイメージも悪くなってしまいます。

そのために自信と知識を付けた後にお客様に
「自分=良い商品」というイメージを持ってもらいましょう。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら
Tagged with →