こんにちは、はらいかわてつやです。

配偶者を従わせ、教育したいと思い、
批判ばかりしているとしたら、
その結婚は決してうまくいかないだろう。
アルフレッドアドラー

相手のことを自分のこと以上に大事に扱い、
他のどんな人よりも大事に思うということが
結婚するということです。

「自分に対して何をしてもらうか」
「自分の思い通りにするためにどうやっていくか」

などと考えるのではなく

「相手のために自分は何ができるだろうか」
「相手のしたいことをどうやってかなえてあげればいいか」
と考え、そしてそれを実行する。

それが、どちらか一方からだけではなく、
お互いに相手のことを考え、そして実行する。

そうすることが、幸せな結婚生活を送る、唯一つの方法なのです。

そういうことですから、どちらか一方でも、
「自分は正しい、相手が悪いのだ」などと考えていれば
当然うまくいくわけがありません。

また、お互いに平等でなければうまくいきません。

片方が相手より自分の方が優れていると考え、
相手のことを教育しなければなどと考えていれば、
当然平等ではありませんからうまくいきません。

また、相手を従わせる支配は
言葉や力によってばかり行われるとは限りません。

時には、物理的な力や、社会的な力が弱いことの多い女性の側が、
涙を利用したり、大きな声で叫んだり、また病気を利用したりすることによって
男性の側を従わせることがあります。

この場合も力による支配に変わりありません。

先に言った通り、平等でなければうまくいかないのですから、
こういった場合も当然うまくいきません。

まず、二人が平等であり、かつお互いがお互いのために
何ができるか常に考え、実行して初めて、
愛の課題は解決され、二人は幸せになれるのです。

つまり、愛と結婚の課題が解決されるためには、
男性と女性が平等であることがまず必要条件なのです。

その条件が崩れていれば、当然二人は
常に問題を抱えた結婚生活を送ることになるのです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら