Published


こんにちは、はらいかわてつやです。

この「世界一シビアな社長力養成講座」はタイトル通り、
相当シビアな内容となっています。

このタイトルを見て、購入を戸惑う人もいるでしょう。

しかし、すでに会社を動かしている社長やそれに近い立場の方、
またはこれから社長となり活躍の場を広げようとしている方には必読な一冊だといえます。

社長になって一番必要なことはなんでしょうか?

それは会社の利益を上げることです。

単純ですが、この部分を割り切ることができない経営者は多くいます。

職場の雰囲気や、従業員の満足度の方へと軸を移してしまった結果、
利益が思うように上がらないという状況になってしまうのです。

著者であるダン・S・ケネディはマーケティング分野では世界的に有名であり、
これまでに100万人以上ものビジネスオーナーを成功へと導いてきました。

その中で知りえ得た成功する社長だけが持っている「社長力」という力。
それをまとめたのがこの一冊です。

それでは、ダン・S・ケネディはなぜ社長力を語るのに、世界一シビアな説明をするのでしょうか?

成功へと向かうためには多くの強さが必要となります。
特に精神的な強さは社長にとっては必須です。

この辛辣な文章に負けることなく立ち向かってこられるような、
そんな度胸や踏ん張りが社長には必要だからこそ、
ダン・S・ケネディは敢えてシビアに現実を語っているのです。

厳しさの中にはちゃんと愛をもって
嘘のない真実を伝えたいと言う気持ちが溢れています。

本に目を通していく中でそれに気付くことができたなら、
成功へ一歩踏み出したと言えるでしょう。

今のよりも高みを目指したい、
利益を追及していきたいと考えるのなら、
ダン・S・ケネディの声に耳を傾けてみてください。

彼の一番素晴らしいところは、この方法を本へと記したことです。

この「世界一シビアな社長力養成講座」に載せられている内容は、
成功している社長であればすでに会得している内容といえます。

ところが、実際に成功している社長へとインタビューを行ったり、
お酒の席で秘密を聞きだそうと試みたりしたところで、
そう簡単には秘訣を教えてくれることはないでしょう。

成功者が秘密にしたがるビジネス戦略を
誰でも知ることができるようにしたこの行動こそが功績なのです。

では、シビアな成功術の中身とは一体どのようなものなのでしょうか?

この本では特に従業員へどのように接すればよいのかが書かれています。

従業員とは文字通り、会社のために仕事をしてくれる人員です。
そしてそれを雇うのが社長です。

社長はいつも絶対でなければなりません。

社長が目標を達成するために前を向いていなければ、従業員も違う方向を向くでしょう。

ここでよくある間違いが、従業員に好かれるための努力です。
多くの成功している経営者は、実は従業員から嫌われています。

しかし、嫌われることを恐れていては、利益を生み出すことはできません。

従業員はどのような気持ちで会社に来ているか、一度考えてみてください。

できるだけ楽に、できるだけ手を抜いて、なおかつ
できるだけ多くの給料を貰いたいと考えているのではありませんか?

仕事は終わっているのに、残業代を稼ぐため会社に残っていたり、
上司が不在な隙を狙って仕事をサボったりという光景は珍しくありません。

それが当たり前だと受け入れてしまっては、成功することは出来ないでしょう。
これは時間に対して会社が支払っている給与を盗んでいる行為と同じことです。

成功する経営者は、このような盗みをしない質の高い従業員を
じっくりと見抜き、必要ない人材はさっさと解雇することができます。

できる従業員を採用する方法についても詳しく書かれていますから、
この部分を知るだけでも今後雇用を考える際に、大きな役に立つことでしょう。

出来る従業員を獲得したら、次に
どのように指導をしたら良いのかが説明されています。

毎日なんとなく働いているだけの従業員に、
世間がそうだからと当たり前にボーナスを支給するのはもう止めましょう。

それではやる気は生み出せません。

従業員が自分から動きたいと思える環境を
提示していくことで仕事を楽しみ稼ぎたい、と自ら望むようになるでしょう。

この本の中でも共感されることの多い

与えるならボーナスよりもチャンス
という言葉が正にそれを表しています。

いずれは経営者になりたいと考えているような従業員でない限り、
上からの視点で仕事へ取り組むことはできません。

しかし、経営者が「世界一シビアな社長力養成講座」を読み、
経営者と従業員は違う人間であることを知ることで、
これまで漠然と感じていたモヤモヤが晴れていくでしょう。

今現在、会社に使えない従業員がいるけれど、
解雇にはパワーが必要だと諦めてしまってはいないでしょうか?

いつかは役立ってくれると望みの薄い期待をしていないでしょうか?

そんな時にも是非この一冊を読んでみてください。

心置きなく不必要な従業員を解雇し、会社の利益を上げたくなるでしょう。

シビアで良いのです。

会社の利益を求めていくため、会社をもっと大きくするため、
そこに甘さや友達感覚は必要ありません

これまでのぬるい環境を一刀両断してくれる
ダン・S・ケネディの言葉の数々に、気付けば背中を押されているはずです。

この本の詳細を見る

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら