こんにちは、はらいかわてつやです。

お腹が空いている時に、今から高級レストランでおごってあげようと言われれば誰でも簡単についていきますが、
これが食事をしたすぐ後でお腹が一杯だったらどうでしょうか?

高級レストランでの食事は魅力的ですが、余程の大食いでもない限り又の機会に、となる事でしょう。

反対に、猛烈にお腹が空いているときでしたら、おごってもらえるのであれば高級レストランであれ、
ファミリーレストランであれ躊躇せずについていく事でしょう。

このように、同じ「高級レストランでおごってもらえる」という事柄について、
強い食欲を感じている時と食欲が満たされてしまった時では、同じ物事の価値が大きく違ってきます。

当然、食欲が満たされていない時の方が「高級レストランでおごってもらえる」事の価値は高まります。
これを心理学用語で「価値増大効果」と言います。

価値増大効果を検証した面白い実験をいくつか紹介しましょう。

一つ目はフランスの心理学者ミグル・ブレンドル博士の行ったもので、
博士は喫煙者270名を数時間煙草の吸えない状態に置き、その後「謝礼はお金とたばこ、どちらで欲しいか」と尋ねました。
その結果、多くの被験者がたばこを選んだという事です。
これは彼らを禁煙状態に置く事で、煙草への欲求が強まり、煙草の価値が増大した為です。

二つ目は、あるスポーツジムで行われた実験で、
トレーニングを行っている人に「山中で迷子になった時、水も食料もなかったとしたら空腹とのど渇きどちらが辛いか」という質問をしました。
これに対し、トレーニングの直後に質問されたグループでは92%がのどの渇きを答え、
トレーニング前に質問されたグループの61%を大きく上回りました。
これは、のどが渇いている状況では水の価値がより高まるという事を示しています。

人に何かを頼む時には、この価値増大効果を利用することが出来ます。
まずは頼みごとをする前に、相手をよく観察して下さい。

仕事が楽しくて楽しくて仕方がない人に、お付き合いをお願いするのと、
恋人が欲しくてたまらない人にお付き合いをお願いするのではどちらが成功率が高いでしょうか。

また、売れっ子の作家に仕事を頼むのと、仕事がない作家に仕事を頼むのではどちらが引き受けてくれそうでしょうか。
売れっ子の作家は、現時点で嫌という程仕事を抱えている訳ですから、余程の内容でない限り新しい仕事は引き受けないでしょう。
一方仕事のない作家はのどから手が出るほどに仕事を欲しているはずです。

相手をよく見ないで安易に頼み事をすると、失敗する可能性が高まるのです。

そう言えば、あるお金持ちの著書を読んでいたら、「お金がない時は、お金が欲しくてたまらなかったが、
お金が手に入った今、何故あんなにお金を欲しがっていたのかが分からない」と書いてありました。
これも価値増大効果の良い例で、お金が簡単に手に入る状況になってしまったらお金は魅力的に映らなくなってしまったという事です。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら