こんにちは、はらいかわてつやです。

成功者は努力することをいとわない、しかもそれを苦痛だと感じていないことはすでに述べました。
しかし、やみくもに努力するだけでは成功者にはなれません。

成功者に必要なのは、努力することと、プランニング能力だからです。

カナダのカルガリー大学のシェルドン・ゴールデンバーグという人が、128名の起業家を分析調査しました。
すると、成功している独立起業家は、プランニングのスキルがたいへん高いことが分かったのです。

また、南メソジスト大学でも同じような調査が行われています。
彼らは医療セールスマンを対象としてセールスの成績とその人の特徴を調査しました。
その結果、業績が良かった人たちの特徴は
・努力をいとわないこと
・プランニング能力に長けていること
の2つだったのです。

具体的な例を挙げて説明しましょう。

例えば、セールスマンの場合、あちこちにある取引先を一日に何軒か回ります。
その際に、何の計画もなく、その時の思い付きで、次はここ、その次はあそことまわっていたとします。
確かにそれも努力ですが、成功する人というのは、このようにやみくもに回ったりはしません。

業績の良いセールスマンというのは、取引先を回る際にまずプランニングをします。
最初に自分の会社から一番遠い場所にある取引先を訪れます。
そして、だんだんと会社に近い取引先を回っていくのです。
こうすることで、徐々に自分の会社に近い付いていくことができます。

この方法の良いところは、一番エネルギーがある朝にもっとも遠い場所を訪れ、そこから会社に戻りながらセールスしていくことで、「だんだんと会社に戻っていく、もうすぐ終わりだ」とその日のゴールを感じながら仕事ができることです。
「会社」というゴールが明確に感じられるので、前向きな気持ちを維持することが易しいのです。

一方、成功しないセールスマンというのは行き当たりばったりの訪問をします。
ですから、夕方になってから、「しまった、まだあそこへ行っていない」と思いながら、一番遠くの取引先へ向かったりします。
そして、そこから疲れ果てて帰ってきます。
もうすでにやる気はなくなっているし、「明日またがんばろう」という気持ちも起きません。

真の成功者は、ただ単に努力するだけでなく、努力を成果に結び付ける計画性を備えています。
自分のモチベーションを常に高めておくための方法を設定する能力を持っているのです。
成功者は、単なる努力家ではなく、プランニング能力を備えた人です。
彼らは、「プランニング」という、努力を努力を感じずに済む方法を身に付けているのです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら