こんにちは、はらいかわてつやです。

ピンク色のレンズの眼鏡をかけている人は
世界がビンク色だと勘違いをしている。
自分が眼鏡をかけていることに気づいていないのだ。
~アルフレッド・アドラー~

あなたが道を歩いていたとします。

その時、向こうから、あなたが、好意を持っている人が歩いてきて、すれ違いました。
すれ違う時に、その人があなたを見て、クスッと笑ったとしましょう。

あなたなら、どのように感じますか?

「あの人は自分をばかにしているんだ」と感じるでしょうか、
または「あの人も自分に好意を持ってくれているんだ」と感じるでしょうか。

このように、人は全く同じ経験をしても、受取り方はそれぞれで違います。

全く同じ体験をしても、それをもって喜ぶ人もいれば、悲しむ人もいるのです。

それらを決めるのはそれぞれの人の、認知の中核を占めるライフスタイルによって決まるのです。

「自分なんかが人から好意をもたれるはずがない」というような自己概念を持っている人は「自分をばかにしているんだ」と思うでしょう。

「自分は周りの人から好意を持たれている」というような自己概念を持っている人は「自分に好意を持ってくれているんだ」と思うでしょう。

世の多くの人は、自分が自分だけの認知の傾向(色眼鏡)を持っていることを気付いていません。
何を見てもピンク色に見える人は、世界中がピンク色なのだ、と思っているのです。

しかし、本当は違うのです、世界がピンク色なのではなく、その人がピンク色のレンズをかけているのです。

以上のように、それぞれのライフスタイルは、ものの見方をそれぞれ違うものにします、このことを認知バイアスといいます。
私たちはみな、人それぞれの認知の傾向、認知バイアスを通してしか世の中を見ることができないのです。
認知バイアスを取り払った、全く客観的な見方をすることは不可能なのです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
はらいかわてつや
Dr.Freedom Facebook 11万いいね!突破 メルマガ読者数23万人突破 YouTube 100万再生突破 心理学者、プロモーター 株式会社プログレッシブジャパン代表取締役社長 日本働き方改革推進本部 監査役 世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人 平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、 過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。 ⇒詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で