こんにちは、はらいかわてつやです。

商品販売などのビジネスを行う際に絶対にやってはいけないことがあります。

「この商品はいつでも買える」という宣伝をすることです。

いつでも買えるということはお客様は「別に今日でなくていい」と思いますね。
今日でなくていいなら明日でなくてもいいのです。

つまりその商品はいつまでたっても購入されないことを意味します。
商品をお客様に売るにはその商品に限定性を持たせる必要があります。

限定性を持たせて購買意欲を高めるための方法としてオーソドックスかつ手軽な方法が、値上げをするということです。
リアルビジネスでもネットビジネスでもその手法を用いることができます。
例えば、1カ月ごとに区切りを付けて500円ずつ値上げするとします。
これは値上げによる売り上げの増加を狙っているのではありません。
消費者にとってわずか500円でも値上げはないですね。
ですからその商品を買おうかどうか迷っている人はなんとか値上げ前に買おうとします。
もし値上げをしなければ「後でいいや」となり、結局商品が購入されることはありません。
このようにわずかな値上げを段階的にすることによって商品に限定性を持たせ、売り上げを伸ばすことができるのです。

もちろんこれにはデメリットもあります。
いったん商品を値上げすると、元の値段に戻しにくくなります。
つまり時間が経過するにつれて商品の値段が高くなってしまいます。
そうすると新規顧客からすればその商品は割高に感じてしまいますね。

リアルビジネスだと安売りセールなどをすることで区切りを付け、値段を元に戻すことができるうえにセール期間は爆発的に売り上げを伸ばすことができます。
しかし安売りセールをやり過ぎると顧客も慣れてしまい、セールの時しか商品を買わなくなってしまいます。
このような時は利用率の高い顧客限定のセールなどを行うことによって差別化することによって売り上げが落ちるのを防ぐことができます。

実は値上げ以上に購買意欲を起こさせる方法があります。
それは売るのをやめることです。
人間は失うことを最も嫌がります。
いつでも手に入ると思っていたものが手に入らなくなると大きなショックを受けます。
ですから失う前に手に入れようと躍起になるのです。
期間限定商品が売れる理由はこのことを利用しているからなのです。

私も同じようなことをしています。

例えばアンケートをとりたい時、普通にアンケートをとるだけではなかなか集めることができません。
そこでアンケートに回答してくれた人に特典をつけるのです。
その特典は期間限定で、タイムリミットを過ぎると受け取ることができなくなります。
私のやっている範囲ではこのやり方はとても有効です。
このように人に行動を起こさせるために損失の恐怖を提示するのです。

この方法にもデメリットがあります。
期間限定の商品は再び復活させることはできません。

期間限定と言っておきながら、復活させてしまうと顧客の信頼を失ってしまうことになります。

とは言うものの、やはりこの手法はビジネスにおいてはとても有効です。
期間限定の商品だけでなく、限定特典や値上げもうまく活用することによってビジネスを成長させることができます。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tagged with →