こんにちは、はらいかわてつやです。

子供は「感情」でしか大人を支配できない。
大人になってからも
感情を使うて人を動かそうとするのは幼稚である。
~アルフレッド・アドラー~

言葉を話すことができない赤ん坊は、

「おなかがすいた」
「おしっこが出ておしめが濡れている」
「誰も近くにいなくて淋しい」

などの自分の意思を伝えることができません。

それらの意思を伝えるただ一つの方法が
「泣く」という感情表現なのです。

その方法しかないのですから、赤ん坊はありとあらゆる望みを
「泣く」という感情表現を通じて手に入れます。

そうしていくうちに「感情を使用する」ことで自分の
必要なものを手に入れることができるということを学ぶのです。

子供は通常1歳に満たないうちから性格形成が始まると言われています。
つまり、赤ん坊の時から性格形成を始めるのです。

ありとあらゆる望みを「泣いたり、怒ったり」の感情を使用して
手に入れることができると学んだ赤ん坊は、その方法を「性格」として刻みつけます。

そして、子供の間はもちろん、大人になってからでもその「性格」を使い続けるのです。

あなたの周りに感情的な人、感情を利用して周りを支配しようとする人はいませんか?

もしそういう人がいればその人は、子供時代の成功体験を繰り返し利用しているのかもしれません。

怒りや悲しみなどの感情を使用することにより、周りを自分の思い通りに操ろうとしているのです。

しかし、大人になれば、必要なものを手に入れる方法は感情だけではありません。
そうであるのに、大人になっても感情で人を動かそうとする人は、内面的に子供であると言えるでしょう。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
はらいかわてつや
Dr.Freedom

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

心理学者、プロモーター
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役社長
日本働き方改革推進本部 監査役
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人



平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で