こんにちは、はらいかわてつやです。

マーケティングツールの一つとして、重要な要素を占めるものに口コミというものがあります。

最近では、SNSの発達により、一般の人が意見を述べる場が多くなっているため、さらに重要度が増してきています。
マスコミによる評判と一般人の口コミによる評判では、一般的に、口コミによる評判の方が高い信頼度を獲得できます。
これは、マスコミと違って、一般人の方が利害関係に縛られず、正しい意見を言っている、という認識があるからでしょう。

たとえば、ロッテの「コアラのマーチ」は「眉毛つきのコアラ」を筆頭に、様々なコアラのデザインが女子高生の間で口コミ広がり、大ヒットを記録しました。
女子高生が「コアラのマーチ」を宣伝するはずもないという認識で、純粋に評判が広がり、ブームになったのです。

アイスの「ピノ」の星型やハート型も、口コミの効果を狙って、仕掛けたものでしょう。

バンダイが発売した携帯用玩具「たまごっち」は、持ち歩くことで、いつでも人に見せることができ、育て方によって成長が違うため、人に見せたくなってしまう商品でした。
人に見せることで、口コミが生まれ、大ヒットしたのです。

最近、口コミで最も知られた商品はスマホ向けのアプリの「LINE」でしょう。
LINEの性質上、新しく会った人や友達には、必ず、「LINE、やってる?」と聞くことになります。
それが、凄まじい広告効果を生み出したのです。

口コミはに関して、ある心理学者が実験を行っています。
パソコンの商品評価をロコミで経験談を伝えられる場合と、印刷媒体で伝えられる場合の、どちらが効果が大きくなるかを調べたのです。
結果は、口コミで伝えられた方が、影響力は大きくなったのです。

効果の高さが見込まれる口コミですが、それを企業が主体で行おうとした時には最新の注意が必要です。
口コミによる広告効果を狙っていることを、絶対に悟られてはいけません。
お客が、企業側に「良いように動かされている」ということに気づいたら、思うように動いてもらえなくなるからです。

自発的にやっているからこその口コミなので、やらされていると思った瞬間、その効果は減少し、伝播しなくなってしまいます。
上手く、ロコミが広がり、社会現象になれば、テレビや雑誌などでも話題になり、多くの効果が得られます。
だからこそ細心の注意を払うために、それなりの予算を用意することが、成功率を高める上でも重要だと言えます。

ただし、芸能人などに商品をブログなどで、あたかも自発的に紹介してもらう、ステルスマーケティングは、止めておいた方がいいでしょう。
すでに、同様の事例が明るみに出てしまっているため、消費者は懐疑的な視線を送ってしまうからです。
「やらせ」のようにも感じられ、バレてしまった時は取り返しのつかないことになってしまいます。

ロコミのマーケティングの研究は、メディアの発達により、その形を変えていくこともあり、まだ追いついていないのが現状です。
その原理を解明することで、口コミは、より多くの効果を得られるようになるでしょう。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で