こんにちは、はらいかわてつやです。

「すべての成功の秘訣は、仕事にほれ込むことだ」―ウォルト・ディズニー

トマス・J・スタンリー著『なぜ、この人たちは金持ちになったのか』(日本経済新聞社)に面白い報告があります。
アメリカの高額所得者にアンケート調査を行ったところ、対象者の46%は自分の仕事を愛していることが分かったというものです。

成功者は自分の仕事をこよなく愛している、これも成功者の特徴の一つです。

仕事を愛している人はなぜ、成功するのでしょうか。

日本の諺にも「好きこそものの上手なれ」と言います。
人は好きなものに費やす時間や労力は「苦労」だと思いません。
大好きな仕事に打ち込んでいる時、それは「努力」かもしれませんが、「苦労」だとは思っていないのです。
「努力」と「苦労」、まったく違いますね。

「最近仕事はどうですか?」と聞いてみて、「いやあ、苦労してますよ」と答えたなら、その人は「自分の仕事を心から愛してはいない」ということかもしれません。
逆に成功者に向かって「さぞかし苦労されて来たのでしょうね」と質問すれば、「いえ、全然苦労なんてありませんよ。自分の好きなことをしてきただけですから」という答えが返ってくるでしょう。

世の中の多くの成功者は、「単に自分が好きだから」「自分が面白いと思ったから」という理由でその仕事を選んでいることが分かりました。

トマス・J・スタンリーによると、成功者のうち、大学の就職課の助言を聞いてその職業を選んだ人はわずか6%しかいなかったそうです。
また、ハローワークのような職業紹介所で自分の職業を選んだ人は3%に過ぎなかったとも言います。

人から勧められた仕事には、愛着がわきません。
自分が選んだ仕事だからがんばれる、と言うこともあります。
自分で見つけて、自分で選んだ仕事だからこそ、仕事にほれ込むことができるのです。
これが成功のための第一歩なのです。

しかし、今すでに仕事を持っていて、それを愛していない場合はどうすれな良いのでしょうか。
成功への道はあきらめるしかないのでしょうか。

自分の仕事を愛せない人は、自分に暗示をかければよいのです。
仕事はそう簡単に変えることはできません。
たとえ転職するとしても、「これが自分の天職だ!」と思えるような仕事にはなかなか出会えないものです。
しかし、自分の気持ちは変えることができます。

一つのものに対する気持ちや考え方は、いくらでも意識して変えることができます。
自分をだますのです。
自分に暗示をかけるのです。
あなたは本当に自分の仕事が好きではないですか?
仕事で嬉しかったことや達成感を感じたことはありませんか?

どんな仕事でも喜びを感じる瞬間は必ずあるはずです。
そこから、仕事を愛してみましょう。
「なんて面白い仕事なんだ」「自分にぴったりの仕事だ」と自己暗示をかけてみるのです。
すると、本当に自分の仕事を愛せるようになります。

ウォルト・ディズニーは、最初のディズニーランド建設の際、すべての施設の前でしゃがみこんで眺めをチェックしたと言います。
なぜなら、子ども視線ですべてを確認したかったからです。
仕事に本当にほれ込んでいなければ出来ないことです。

仕事を愛せるようになると、仕事に対する態度も変わります。
それが成功者への道なのです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら