こんにちは、はらいかわてつやです。

質問上手な人というのは、相手の回答を自分の思う通りに引き出すのが上手です。
私たちが質問をする時というのは、ある程度相手に「こういう回答をして欲しい」という隠された期待があります。

マスコミや学者は頻繁に「○○についてどう思いますか?」というフレーズを使いますが、
このような抽象的な質問ではこちらの期待する回答を引き出す事は出来ません。
彼らには「中立的な立場を考慮する」という理由があってこのような質問を投げかけるのかもしれませんが、
これでは曖昧な回答しか返ってこないでしょう。

質問上手な人は「誤誘導質問」或いは「ミスリーディング質問」を活用して、
自分の期待に沿った回答を相手から引き出します。
「誤誘導質問」や「ミスリーディング質問」等というと難しい事のように聞こえますが、
特別なテクニックは必要ありません。
誤誘導質問、ミスリーディング質問とは事実とは異なる事を引き合いに出して、
それを前提として行う質問の事です。

「誤誘導質問」の持つ効果を示す事実として、米国フィラデルフィアにあるウルジヌス大学の
ガブリエル・プリンサイプ教授の行った実験を紹介しましょう。
彼は175人の被験者にある物語を聞かせ、記憶のテストと称して、物語の内容に関し、
事実とは異なる下記のような質問をしました。

(物語ではウサギがニンジンを食べたという事実はないのに)
「ウサギが食べたのは、ニンジンでしたか?それともレタスでしたか?」

これに対し、驚くべきことに何と90%の人は「ニンジン」或いは「レタス」と回答し、
「ウサギは何も食べなかった」と回答出来る人は10%に留まったそうです。

この実験から分かるのは、質問の仕方次第では、それが事実に反する場合であっても、
相手の反応を大きくゆがめる事が可能だという事です。
実際には存在しない事実を、あたかも存在するかのように質問に組み入れる事で
自分の希望通りの回答を相手にさせる事が出来ます。

これは、日常生活の中でも応用可能です。

例えば、本来は15日の支払い期日を延長してもらいたい時に
「支払い期日は確か、月末でしたね。」

飲みに行く約束をしたけれども、金欠なのでおごって欲しい時は
「お酒をおごって下さる話、いつになったのでしたっけ?個人的には週末が望ましいのですが・・・」等、

やりすぎはもちろん禁物ですが、ちょっととぼけた感じで切り出してみれば、
相手は意外とあなたの「誘導」に上手くのっかってくれるかもしれないです。

質問は使い方次第で「誘導」となります。
その点をまずは忘れないで下さい。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
はらいかわてつや
Dr.Freedom

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

心理学者、プロモーター
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役社長
日本働き方改革推進本部 監査役
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人



平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で