こんにちは、はらいかわてつやです。

社長や起業家としてビジネスを成功させるために最も大事なことは、マーケティングです。

マーケティングとは、すなわち『顧客を満足させるだけの価値ある商品・サービスをつくり、提供することを熟慮した上で行動する(させる)』ということです。
つまり、『ニーズに応える』ということです。

これが満足のいくものであれば、利益という形で結果として表れます。
言い換えれば、利益を生むことができていなければ、マーケティングが間違っているということです。

そのようなときにはマーケティングを見直す必要があります。

マーケティングの基本は、人の役に立つ価値を提供できているかを考えることです。
ビジネスを行うときには顧客に喜んでもらおうと考えますが、それでは不十分です。
真に価値ある商品・サービスとは、顧客に喜ばれるだけではなく、人の役に立つものを指します。
これを達成することを目的として行動すれば、おのずと活路が開けていきます。
そして、真に価値あるものをマーケティングによって創出できたあかつきには、会社としての責任を全うできるようになります。
この責任とは、株主に利益をもたらすことを指します。

会社を経営すると、株主と顧客の双方を満足させなければなりません。
それが意味しているのは、真に価値ある商品・サービスによって、儲けなければならないということです。
会社を経営するならば、儲けるということを第一に考える必要があります。

会社は、営利組織であり、それを成すことができなければ存在する意味がないと同時に、存在し続けることができません。
それにも関わらず、社会の風潮として、金儲けばかりを目的とすることは悪いことと思われがちです。
今一度、考えてみてください。
儲けることのできない会社には存在意義がないのです。

「お客様に喜んでもらえればなんとかなる」「人の役に立てていればなんとかなる」と考えていてはいけません。

その上で、儲けるためのマーケティングを行うことを意識し、行動してみてください。
ビジネスを成功させるためには、儲ける仕組みを作り上げていくことが必要です。

そのためには、価値ある商品・サービスに顧客を引き寄せること、そしてリピーターになってもらうことが近道になります。
これをマーケティングを行う際に見落とさないようにしましょう。

より多くの顧客を獲得するためのマーケティングが機能したとき、利益をあげることができます。
商品やサービスの価値が十分であり、それを提供する方法が十分で、それを知ってもらう方法が十分であれば、マーケティングは成功しています。
ビジネスを行う者として、以上のことを頭に刻んでおいてください。

会社を背負う立場であることは、最も大事な仕事であるマーケティングを行うことを常に念頭に置いて行動することによってその責任を果たせます。

故に、社長、起業家としての最も重要な仕事は、マーケティングなのです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で