こんにちは、はらいかわてつやです。

アドラーは次の3つを全く違うものとして、区別して使っています、「劣等性」と「劣等感」と「劣等コンプレックス」です。
「劣等性」とは背が低い、走るのが遅い、眼が悪いなどの実際に事実として劣っている性質をいいます。
 
「劣等感」とは、主観的に自分は劣っていると思うことです。

つまりは、実際に事実として「劣等性」があったとしても、
それを本人が主観的に劣っていると考えれば「劣等感」になるし
劣っていると考えなければ「劣等感」にならないということです。

あくまでも、「劣等感」は主観的なものであり、誰がどう見てもスタイルがいいのに、本人が主観として「自分は太っている」と思えば
それは十分に「劣等感」になるのです。

「劣等コンプレックス」は世間では「劣等感」と同じような使われ方をしていますが、アドラーは全く違うものとして区別しています。
アドラーは「劣等コンプレックス」とは、主観的に感じた「劣等感」を言い訳に、人生の問題から逃げ出すことだと言っています。

つまりは、「劣等感」を持っていても、それをばねに、頑張る人は「劣等コンプレックス」は持っていないのです。

「親が厳しすぎたから、暗い性格になった。」「家が貧しかったから、勉強ができずいい仕事にもつけなかった。」などと
現在の人生の問題を誰かのせいにして、努力をせずに、問題から逃げることを「劣等コンプレックス」というのです。

「劣等感」を持つことは不健全ではありません、「劣等コンプレックス」を持つことなのです。
さて、あなたが持っているのは、「劣等感」「劣等コンプレックス」どちらですか? 

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で