こんにちは、はらいかわてつやです。

『親が悪いから」
「バートナーが悪いから」
「時代が悪いから」
「こういう運命だから」
責任転嫁の典型的な言い訳である。
~アルフレッド・アドラー~

自分は悪くないと言い訳をして責任転嫁をすると、気持はすごく楽になります。
上司が悪い、部下が悪い、両親が悪い、育った環境が悪い。
「だから、自分は悪くないのだ」と思うと一時的に心が晴れるでしょう。
ただ、それは本当に一時的なことにしか過ぎないのです。
自分の置かれた不幸な境遇を運命のせいにして嘆いても、事態は全く良い方向には進みません。
自分で考え、行動することでしか、運命は良い方向に進まないからです。
「この国の政治が悪いからいけないんだ。」と嘆いていても、国は良くならないでしょう。
本当に政治を良くしたいのであれば、自分が政治家になるなど、それ相応の行動と努力が必要です。
遺伝や育った環境、親の育て方を恨んでも、何一つ良い方向には進まないでしょう。
それらを受け入れ、前提条件としていくしかないのです。
理解のない上司や両親、配偶者に責任転嫁をしても、何ら問題は解決しません。
逆に責任転嫁された人達が反発してあなたに辛くあたり、問題が悪化することさえあるでしょう。
人は過去や自分自身以外の人を変えることはできません。
つまり自分自身の考え方、行動を変えていくことでしか、未来を変えることはできないのです。
見方を変えれば、人は誰もが自分を変える力を持っている、つまりは未来を変える力を持っているのです。
ですから、いつまでも目の前の問題から逃げているわけにはいかないのです。
虫歯になった時に、痛み止めを使えば一時的に楽になります、ただ根本的には何も変わっていないのです。
いつか必ず根本治療をしなければいけないタイミングがきます。
必ずどこかで、自分自身と正面から向き合う必要がでてくるのです。

はらいかわてつや

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
@richbrain

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら