こんにちは、はらいかわてつやです。

たとえ不治の病の床にあっても、
天を恨み泣き暮らすか、
周囲に感謝し余生を充実させるか、
それは自分で決めることができる。
~アルフレッド・アドラー~

「できないことはない、人はどんなことでもできる」「運命は自分で動かすことができる」と言っても、どうしようもないこともあると人は言うでしょう。
「生まれつき重い障害を持って生まれた」「交通事故で重い障害が残ってしまった」「重い病気で余命いくばくもない」。
そんな状態でも「できないことはない」、「運命は自分で動かすことができる」、「未来は自分で決められる」のか、と思う人もいるでしょう。
重い障害、病気やけがなど自分自身で変えることができないことも確かにあるでしょう。
ただ、その事実を変えることはできなくてもそれをどう受け止めるかは自分次第です。
そのことを「どんな気持で受取るか」「どういう意味があると考えるか」については自分自身の選択によるのです。
余命が「あと半年しかない」と考えるか、「あと半年もある、半年の間に何をしよう」と考えるかはその人次第。
現実をまず受け容れ、自分が置かれている状況の意味、ポジティブな意味を見つけることは誰にでもできることなのです。
そしてこのことをできる人が健全な人なのです。
健全な人は例え万人が苦しいと考える状況でも、そこに意味を見つけ、何かを学び、感謝することができます。
それが健全な生き方なのだ、とアドラーは言っています。

はらいかわてつや

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
@richbrain

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら