こんにちは、はらいかわてつやです。

何かをするにあたって、モチベーションはとても大事です。
すぐに諦めてしまう人はモチベーションの方向性を間違っていることが多いです。
他人のでも自分のでも方向性を間違えてしまってはモチベーションが上がることはありません。
モチベーションの上げ方を3つの種類に分けてそれぞれについて正しい維持の仕方を説明します。

まず最初に、報酬を与える方法です。
目標を達成するたびに給料を上げるなどの褒美を与えるのです。
まず間違いなくモチベーションを上げることはできますが、デメリットもあります。
給料を上げて褒美を与えたとしても、その状況に慣れるとまたさらに高い給料を要求するようになることもあります。
つまり、褒美を与えてモチベーションを上げても効果は一時的なものであり、あまり長続きしません。
そして報酬を与えないとモチベーションは下がってしまいます。
ネットビジネスを始める人は「すぐに」「簡単に」という稼げると思っている人が多いので3カ月ほどの仕事で諦めてしまう人が多いです。
単なる報酬だけでは長続きしません。

次に恐怖を与える方法です。
前項の逆で、失敗したら叱られるなどの恐怖を与え、それを避けるためにモチベーションを維持させます。
営業の社員に対してアポイントがとれなければ帰ってくるなという姿勢の訪問営業会社などがしているやり方です。
この方法は最も効果が薄いです。
社員が辞めてしまったり歯向かってきたりなど開き直ってしまえばもう使えなくなってしまいます。
報酬というアメも恐怖というムチもモチベーションを上げる決定的な要因にはなりません。

一番効果のある方法が内面からモチベーションを湧き上がらせる方法です。
自己実現欲求のことであり、セルフモチベーションやパーソナルモチベーションと呼ばれることもあります。
内なるモチベーションがある人は他人を騙したり蹴落としたりしてまで報酬を得ようとはしません。
また、多少の困難にぶつかったとしてもくじけることはありません。
私の場合でも、お金を得ることができなければ続けられませんでいたが、それ以上にお金以外の目的があったからこそ続けられたものだと思います。
お金を一番の目標にすることを否定する気はありませんが、目標がお金だけだと長続きしないのです。
お金のことだけを考えてギラギラしている人をまっとうなビジネスで見かけることはありません。
多少の失敗はしても目標を達成することを考えてメラメラと闘志を燃やしている人が成功するのです。
だからこそ内なるモチベーションが大事なのです。

はらいかわてつや

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
@richbrain

著者プロフィール

はらいかわてつや
はらいかわてつや

Dr.Freedom


Facebook 11万いいね!突破

メルマガ読者数23万人突破

YouTube 100万再生突破


心理学者、プロモーター

株式会社プログレッシブジャパン代表取締役社長

日本働き方改革推進本部 監査役

世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人


平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、

過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。


詳しくはこちら


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で