こんにちは、はらいかわてつやです。

多くの日本人はお金儲けを悪いことと解釈しています。
特にサラリーマンにその傾向が強いと言えます。
金儲けに執着して「あいつは金の亡者だ」と言われることを恐れているのでしょう。
しかし、実際はお金儲けは悪ではないのです。

会社員は会社の儲けを生み出さなければなりません。
そうしないとダメ社員の烙印を押されてしまいます。
会社に利益をもたらせばその社員の給料は上がります。
給料が上がって困る社員などいません。
世の中のサラリーマンは皆、賃金アップを望んでいます。
そのために労働組合を組んでいるのです。
お金儲けを悪と考えているのに自分の給料が上がることは望んでいるのです。
正反対の矛盾した行動を多くの人はとっています。

確かに、人をだましてお金を儲けることは最悪の行いです。
しかし、自分が良いと思えるものを生みだし、同じ価値観を持ってくれる人に対して売ることは悪いことではありません。
従業員を雇って会社を作れば雇用も生まれます。
お金儲けは悪だと仮定して、これらのことを無料で行うとするとどうでしょうか。
いわゆる単なるボランティアです。
ボランティアは何も生み出しません。
ボランティアをするよりもきちんとお金を稼いで動かした方がずっとましです。
ボランティアは最悪だと思ってください。

例えば私であれば、コンテンツサイトを運営しています。
そこには私の知識が詰め込まれており、人気サイトとなっています。
そこに企業の広告を掲載することによって広告収入をもらいビジネスにしているのです。
また、膨大なアクセスを集めるためのノウハウを活かして、集客代行や企業へのコンサルティングなども行っています。
もしボランティアでこれらのことをするとすれば、コンテンツサイトを作るだけです。
企業の広告は掲載しません。
その結果、広告で本来売れるはずであった商品が売れないことになります。
また、集客代行やコンサルティングもしなければ、相手企業の集まるはずであったお客様が集まることもありません。
私が運営しているビジネス系サイトも同様です。
「自分の知識を世の中に広めることで稼ぎたい」「会社の売り上げをもっと高めたい」と考えている人にとってためになる情報を発信し、広告費を得ています。
アフィリエイトのように人をだます方法ではなく、誰からも感謝される方法で収益を出しています。
このように、ボランティアをするよりきちんと収益のあるビジネスにする方が、ずっと社会貢献をすることができるのです。
ボランティアであればそれ以上発展することはありませんが、ビジネスにすることによってより多くの人に貢献することができるのです。

これらのことを踏まえると、ボランティアよりビジネスの方が優れていることは明らかです。
ですから、お金儲けは悪ではなく、対価を提供して稼ぐとても素晴らしいことなのです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら
Tagged with →