こんにちは、はらいかわてつやです。

なんの知識もない状態でビジネスに臨むことは無謀と言えます。
地図もコンパスもなしに航海に出ることを想像してみてください。
目的地に辿り着けるわけがありませんね。
知識なしにビジネスを始めるのはそれと同じことなのです。

そのような無謀な行いを避けるためにビジネス書を読んで自分が挑戦する分野やマーケティングについての知識をある程度つけることをおすすめします。
「時間がなくて本が読めない」と言う人がよくいますが、それは間違いです。
実際には逆で、時間がないからこそ本を読むべきなのです。
著者が何年も経験して学んできたことが本には凝縮されています。
ですから著者の数年分の経験を本を読むだけで学ぶことができるのです。
値段もわずか数千円です。
本を読んで自分に応用できそうな思考をビジネスに取り入れていけばいいのです。
実際に取り入れてやっぱり違うと思ったらまた修正すればいいのです。
ネットビジネスならば修正に手間も費用もあまりかかりません。
修正を繰り返していけば自然と売上も上がります。
自分の頭の中だけで思考を繰り返していては効率が悪いのです。

ビジネスではカンニングが重要です。
学校でカンニングは禁止されていますが、ビジネスでは積極的にするべきです。
しかし、実際にビジネスにカンニングを取り入れてる人はあまりいません。
どうしてあの店は繁盛しているのか、というようなことをカンニングするのです。

そのカンニングをするにあたって、ビジネス書は一番いい材料だと言えます。
繰り返しになりますが、ビジネス書には著者の何年もの経験が凝縮されています。
著者が困難に直面したときや、売上を伸ばしたときの思考をカンニングして自分のビジネスに取り入れるのです。
さらにビジネス書は著者が自分の思考をカンニングしてくれ、ということで自ら出版したものです。
それをカンニングしない手はありませんね。
まずはビジネス書から思考を盗むことから始めましょう。

また、本のタイトルも売れるために名付けられたものです。
なぜそのようなタイトルをつけたのかを考えればコピーライティングも学ぶことができるのです。

本によって言ってることがバラバラなことがあります。
そのようなときは自分が正しいと思う道を選べばいいだけです。
それが途中で間違っていると思ったらまた修正をすればいいのです。
実際にビジネスを始めれば正解など存在しないことが分かります。
違う道を選択したとしても修正をして最終的に目的地に着けば大丈夫なのです。
このような思考をできるようになった時点で机上の空論を並べているだけの人よりも相当上のステージにいると言うことができます。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
はらいかわてつや

Dr.Freedom

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

心理学者、プロモーター
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役社長
日本働き方改革推進本部 監査役
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で