こんにちは、はらいかわてつやです。

月5万程度の副業ではなく、サラリーマンがネットビジネスで独立し、生計をたてようとする場合に気をつけたいのは「サラリーマンの時の月収を別のビジネスで稼げるようになったら会社を辞めろ」ということです。

こどもや奥さんなどの家族がいて貯金もないのにネットビジネスで一発逆転を狙って会社を辞めてしまう。
これは絶対にしてはいけません。
確かにモチベーションを高めるために自分を追い込むという方法は有効です。
しかし、これでは自分だけを追い込んでいるつもりが家族も一緒に金銭的な面で追い込んでしまいます。
そもそも会社員時代に副業で少ししか稼げなかったのに、独立すると儲かるようになるということはありません。
ネットビジネスは時間や場所に拘束されないビジネスなので、儲からないことの理由に今やっているビジネスが副業だからというのは通用しません。

まずは生活に困らない程度のお金と同額の稼ぎを副業で継続的に生み出しましょう。
それから会社を辞めるのです。
ここで一番大切なのは「継続して」という部分です。

会社員生活が長い人ほどビジネスでは失敗します。
定期的に給料がもらえる会社の楽な環境に慣れてしまっているからです。
会社員は大変です。
下げたくもない頭を下げ、毎日地獄のような通勤電車に乗り帰るのは夜遅く。
しかし、そのようなつらいことすべてを超える楽さがあります。
それは毎月給料が入ってくるということです。

たとえば会社で大きな失敗をします。
取引先や上司に怒られて頭を下げるのはつらいです。
しかし、給料は入ってくるのです。
「お前は失敗をしたから今月は給料なし」ということにはならないのです。
失敗したことへの金銭的な面での負担がないために給料をもらいながらいくらでも失敗ができるのです。
そして会社には会社の看板、マニュアル、商品があらかじめ用意されています。

ところが経営者は違います。
なにか失敗をするとすべてが自分の責任です。
得意先への謝罪、クレームの対応なども自分がしなければなりません。
そして損失をだしてしまったのだから自分の給料はほぼゼロです。
そのような状況ですべての手順を自分が決定し、自分のミスを自分で気づき、自分で直さなければならないのです。
これが経営者としての考え方なのです。
何をしても給料がもらえる従業員の考え方では必ず失敗することは明らかですね。

ですからいきなり会社を辞めて独立しないでください。
副業としてネットビジネスを始め、生活できるだけの儲けを副業だけで出しましょう。
それと同時に従業員として働いていたときに染み付いた考えを捨て去るのです。
それから会社を辞めてください。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で