こんにちは、はらいかわてつやです。

お金儲けは悪いことだと多くの人が思っています。
ビジネスを始める前のかつての私もそうでした。
しかし、これは間違いです。
お金儲けこそが社会貢献であり、その額が多いほど、貢献度合いも大きくなります。
どういうことか、これから説明します。

ビジネスは2種類に分けられます。
一つはお金のことだけしか考えないビジネスです。
これは人をだますビジネスだと言い換えることもできます。
ネットビジネスで例えるならば情報商材系のアフィリエイトがそれであると言えるでしょう。
情報商材系のアフィリエイトとは、「私があなたにこの教材を売ったのと同じように、あなたが他の人にこの教材を売れば儲かります」ということが書かれている教材を売るビジネスのことです。
構造はネズミ講と一緒です。
しかし驚くべきことに、ネットビジネスの9割はこのような形のビジネスです。
また、聞いてるだけで喋られるようになるという英語教材や飲めばひざ関節が良くなるというグルコサミンのサプリなども同様です。
実際に英語が喋られるようにはなりませんし、ひざ関節も良くなりません。
しかし平気でこういった商品が世の中にでまわっています。

これらの商品を売る側に共通していることは、自分たちが儲かればそれでいいと考えていることです。
自分たちの儲けだけを考えているので、お客様のことは考えていません。
このような人たちのことを考慮すると、お金儲け=悪と言うことができます。

もう一つのビジネスの形は、社会に還元できる形のビジネスです。
私がやっているコンテンツサイトは、できるだけたくさんアクセスを増やして広告収入を得るビジネスです。
アクセスを増やすには、サイトを訪れるお客様のことを考えなければなりません。
そのために心理を一生懸命勉強し、見やすい図表や読みやすい文章を必死に考えるのです。
すると、感謝のメールが来ますし、広告収入も増えます。
自分で努力すればするほど、儲けが出るうえにお客様からも感謝されるのです。

同じようなビジネスをしている私の友人がいます。
彼はスポーツクラブを運営しているのですが、そこで子供向けのサッカー教室を開き、子供たちと真摯に向き合っています。
彼が金儲けのことだけを考えていたら、お客様である子供たちの親は彼から離れるでしょう。
しかし、真剣に教え続けることによってプロのサッカー選手を輩出できた場合はどうなるでしょうか。
ビジネスを拡大して日本のサッカー界のレベルを底上げできるかもしれません。

私や友人の例を見れば分かるように、このようなビジネスは自分の利益を拡大すればするほど社会への貢献度も高いものになります。
自分だけが稼ぐという考えを捨てているときだけ、お金儲け=社会貢献になるのです。

稼いだお金を自分のためだけに使おうとすると、その時点でビジネスは終わります。
しかし世の中のほとんどの人はお金を稼ぐと高級車を買うなどの浪費に使ってしまいます。
このような考え方はビジネスマンとしては二流です。
ビジネスの最初であれば、お金を稼ぐことだけを考えて構いません。
最初はお金がないものですし、私も最初は稼ぐことだけを考えていました。
しかしある程度稼げるようになったときは社会に還元することも考えてください。
誰からも感謝されるビジネスをするのです。
そうすれば金儲け=社会貢献だと自信を持って言えるようになります。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら
Tagged with →