こんにちは、はらいかわてつやです。

ビジネスを始める人は皆、失敗せずに成功させたいと考えますが現実にはそうはいきません。
どんなに才能のある人でも100%成功させることは不可能です。
ビジネスを成功させるには、「数打ちゃ当たる」という気持ちをもって失敗をしても挑戦し続けることが重要になります。

10回新しいことをやれば2回は当たる、くらいの気持ちがちょうど良いと思います。
誰も聞いたことのない新しいことではなく、自分が今まで取り入れなかったちょっとしたことで大丈夫です。
8回も失敗しなければならないのか、と思わないようにしてください。
10回チャレンジすれば2回分も成功に向かうことができるという方向に思考を向けるのです。

トップレベルの野球選手でも、毎年3割以上の打率を超えることはかなり難しいです。
そう考えると、ビジネスを始めたばかりの人の成功率がもっと低くなるのは当然のことです。
2割でも高すぎるかもしれません。

ちなみに、ネットビジネスの利点として新しいことにチャレンジしやすいということがあります。
リアルビジネスの場合、1つの店舗を立ち上げるのに数千万の経費がかかるうえに、内装やサービスを少しでも変更しようとするとさらにお金がかかります。
ですから、リアルビジネスをしている人に成功率は2割でいい、と言うと怒られるかもしれません。
しかし、ネットビジネスは違います。
サイトのデザイン変更やメルマガの仕様変更など、リスクもコストもほぼゼロで行うことができます。
つまり、何回でも失敗することができるのです。
ネットビジネスでは失敗を恐れることなく、新しいことをどんどん始めるべきです。

同じような考え方として「失敗して当たり前」というものがあります。
冒頭に紹介した考え方と同じで、思うようにできないことを受け入れる考え方です。
失敗して当たり前なので、失敗したことに対する言い訳も必要ありません。
成功者には言い訳をしないという共通点があります。
普通の人が言い訳をしている時間を前に進むことにつぎ込むのです。

私も何十社もの企業にオファーの電話をしますが、断られるのが普通です。
普通なら心が折れて諦めるところですが、「失敗して当たり前」と思うようにし、次のことに挑戦します。
前進できないのは誰のせいでもなく自分のせいなので言い訳をせずに、どうしたら前に進めるかを考えるのです。

天才的営業マンでもたくさんのお客様に断られています。
ですから誰でも失敗するものなのです。
それでもさらに新しいことに挑戦し続けることで確実に成功へと近づいていくのです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tagged with →