こんにちは、はらいかわてつやです。

ビジネスを成功させるにはものすごい労力を費やさなくてはなりません。
ただ、これは行動するための努力であり、その行動の基礎となるビジネス理論は単純なものでなくてはなりません。
難しい理屈を持ち出すと、とたんにビジネスの失敗率は上がります。

世の中には成功するビジネスの方法があふれています。
私のビジネス系サイトにも書いてありますし、書店に行けばたくさんのビジネス本に成功方法が紹介されています。

ビジネスで成功するには簡単な理屈でいい。
その方法は世の中にあふれている。
それではなぜ、ビジネスでは失敗する人が大半なのでしょうか。

それは本を読んで勉強して知恵を身につけただけですべてが分かったと勘違いしているからです。
学歴社会においては知識をたくさん持っている人ほど評価される傾向にあります。
学校の勉強ではある問題に対してあらかじめ答えが用意されています。
たくさんの知識を持っていて、少しでも早くその答えにたどり着ける人が評価されます。
知識の豊富な人ほど評価されるため、学歴社会の世界では知識の量だけですべてが分かった気になってしまうのです。

しかし、知識の量だけではうまくいかないこともたくさんあります。
例えば料理がそうです。
材料や調理の仕方などの知識をどれだけたくさん身につけても、料理は上達しません。
知識を身につけてから実際に手を動かして料理をして初めて腕が上がるのです。
スポーツでも同様のことが言えます。

ビジネスでもまったく同じです。
成功者が何年もかけて積み重ねた知恵や経験は本を読んだだけですぐに身につくものではありません。
本に書かれていた知識を自分の中に落とし込み、それを踏まえて行動に移すことによって知恵となります。
知恵を活用して小さな成功体験を少しずつ積み重ねて初めてそれがノウハウとなるのです。
学校の勉強とは違い、ビジネスの世界の問題に答えはありません。
常に試行錯誤を繰り返して答えを探さなければならないのです。
この時に生きるのは知識ではなく経験によって得られた知恵です。

ビジネスの世界では知識だけがある人を「ノウハウコレクター」と呼びます。
このような人たちは講師からノウハウを学んだとき、「それはもうすでに知っていることだ」と不満を漏らします。
しかし、経験が伴っていない知識だけでは何も学んでないも同然なのです。
ノウハウコレクターたちは、先人が長い年月をかけて築き上げたノウハウを数日勉強しただけで身につけた錯覚に陥り、短い期間で先人たちと同じ結果を出したいと思っているのです。

このような考えを持つ人はたくさんいます。
ビジネスを始めようとする人たちは99%がこのような考え方です。
そしてその人たちが成功することはまずありません。
ビジネスで自ら答えを見つけ出し、成功するためには長い時間をかけて経験と知恵を身につけるしかないのです。

あなたが持っているものは本を読んだだけで得た知識なのか、経験に基づいた知恵なのかを見極める必要があります。
知識だけですべてを分かった気にならないようにしましょう。
もちろん知識も大事なので勉強もしなければなりませんが、日々実践することを意識し、小さな成功体験を繰り返して知恵を身につければ、成功への階段を着実に登っていると言うことができます。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら