学校の試験では、カンニングは許されません。
自分の記憶だけを頼りに目の前の問題に答えなければならないからです。
しかしビジネスでは逆です。
うまくカンニングができる人でないと、生き残っていくのは大変難しい世界です。
積極的にカンニングをしていかなければなりません。

 どの業界にも稼いでる人と稼いでいない人がいます。
今やコンビニより多いと言われるほど数が増えた歯科医の中でも差があり、稼いでる人はとてもたくさん稼いでいます。
また、近所の繁盛している店でもいいでしょう。
普段は利用者目線で店を見ているなら、ビジネス目線で観察すると、たくさんのことに気づけるはずです。
そのように稼いでいる人はどのようにしているのかを盗み見て自分の事業に応用することができれば、より効率よくビジネスを進めることができるのです。

 そして自分のビジネスで実践するのです。
お客様の反応が悪ければどこが悪かったのかを分析し、改善し続けるのです。
すると、小さな当たりが出てきます。
その当たりを積み重ねることによって成功に近づくのです。

 このカンニング手法は実際に自分でビジネスを行っている人でなければ意味がありません。
自分がビジネスを行っていなければ、ビジネス目線で物事を観察することはできないからです。
あなたが車を運転しているとき、ガソリンが足りなくなるとガソリンスタンドを探しながら車を走らせますね。
トイレに行きたいときはコンビニを探しながら街を見るでしょう。
このような状況でなければ、ガソリンスタンドもコンビニもただの一風景として過ぎ去っていくだけです。
必要としたときに初めて見えてくるのです。
ビジネスにおける勉強や観察も同じです。
何か自分にとっての収穫になるものはないか、と意識することによって初めて様々な気づきを得られるのです。

 自分が始めようとしているビジネスをよく見ると、ほとんどの場合他の人がすでに始めていることに気づきます。
斬新なビジネスというものはあまり存在しないからです。
ですから、他の人が実践して得たことを自分のものにしてしまえばいいのです。
例えばウェブ広告などを見ると、販売方法、広告費、コピーライティングなどを学ぶことができます。
ある商品の営業トークを聞いてその会社の利益構造を学んだり、クレームを入れてクレーム対応の仕方を学ぶこともできるでしょう。

 このように、ビジネスをするにあたっての多くのことをカンニングすることができるのです。
自分の頭だけで考えてビジネスをすることがとても非効率的に思えてきます。
ただ、繰り返しになりますが自分でビジネスをしていないと、有効な気づきを得られません。
まずは自分でビジネスを始め、それから積極的にカンニングを実践してみてください。

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら