Published


この手紙は以下の方に向けて書いています。

  • いつか起業したいけど失敗が怖い。
  • 開業して3年、でもうまくいっているとは言えない。
  • 売上はそれなりにあるが、生活が楽とは言えない。

日本で「起業する」というと会社に就職するのに比べ、
敷居が高いイメージがあります。

しかし実際に株式会社の数だけでも100万をゆうに超える数があります。
個人事業主まで含めると起業家・経営者になるということは
それほど珍しいことではありません。

しかし、あなたの懸念する通り、
失敗するリスクも高いのも事実です。

起業して1年もつ確率はおよそ40%、
つまり半分以上の方が、
起業してもたった365日以内に市場からリタイアしているのが現状です。

何とか1年もったとしても、
サラリーマンの平均年収以上稼げているかという線引きをすれば
起業して成功する人は実際、かなり少数といえるのです。

特別な人しか稼げないのか?

特別な才能や、
強力な人脈がある人しか成功できないのでしょうか?

実はそんなことはありません。
もちろんそうしたものに恵まれていれば、
大成功する可能性は格段に高まりますが、
少なくとも大部分の成功者は「普通の人」です。

ただ、「ルール」を知っているという違いを除いては・・・

起業家の世界の「ルール」

たとえ話をします。

ある少年がはじめてサッカーに興味を持った場面を想像してみてください。
小学校低学年、背丈も人並みの「普通」の少年です。

サッカーのルールを知らないその少年は、
初めて友達とサッカーをすることにしました。

しかし少年はきっとどこかの場面で手を使ってプレーしてしまうでしょう。
でもサッカーの世界ではそれは許されない行為です。

しかし誰が、その少年が失敗したのは才能がないからだ、
というでしょうか?

少年は単にルールを知らなかったのです。
試してみる前に本で勉強したり、
お父さんにルールを確認すべきだったのです。

手を使っていいのはゴールキーパーだけであることを知れば、
その少年はほかのプレイヤーと同様の活躍をすることができるはずです。

起業家の世界にも「ルール」があります。
しかし、日本の教育は就職を前提にしています。
つまり一般の教育機関では起業家の世界のルールを学ぶことができません。

「ルール」を学ぶところから始めてみましょう。

最初に「ルール」さえ学んでしまえば、
少なくともサッカーで手を使ってしまうような、
致命的な失敗を避けられます。

今なら、インターネットビジネスの第一人者から
無料で起業家の「ルール」を学ぶことができます。

このDVDブックを無料で提供して
インターネットビジネスの権威、
リッチ・シェフレンに興味を持ってもらうのが目的です。
この本の詳細を見る

著者プロフィール

はらいかわてつや
はらいかわてつや

Dr.Freedom

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

心理学者、プロモーター
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役社長
日本働き方改革推進本部 監査役
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で