どのような心構えでビジネスを行うかということはどのような行動をおこすか、と同じくらいビジネスでは重要になります。
被雇用者と経営者では仕事をするにあたっての心構えが違うのは当たり前のことです。
努力することで必ず結果が出るようなビジネスモデルであっても、諦めてしまったらその時点で終わりです。
ですから成功者に求められる心構えはとても重要になってくるのです。
それを身につけさえすれば、大多数の失敗する側から抜け出せるということでもあります。

 今は多くのビジネス書が出版されていますが、どの本にも共通している、ある考え方があります。それは成功者と呼ばれる人たちに共通している考え方でもあります。
それは「前向きな思考をする」ということです。

 例えば、なにか失敗をした時はやってはいけないことを学ぶいい勉強になった、という方向に考え方をもっていくことです。
他には、自分にできないことにぶつかった時は今の自分が持っているものをどう使えば実現できるのかを考える、お客様からクレームが入った時はお客様から改善点のアドバイスをいただいたと考える、というような考え方です。
何か壁にぶつかった時に「自分にはできない」、「失敗をした」と不満だけを言って終えるような考え方とは180度違うものです。

 被雇用者であるサラリーマンには、会社の名前、売るための商品、受け継がれてきたマニュアルなどが用意されており、毎月決まった日には給料が入ってきます。
しかし、自らビジネスを動かすとなるとそういうわけにはいきません。
誰もあなたのことを信用しませんし、商品も顧客も自分で用意しなければなりません。
ですからサラリーマンと経営者の心構えは全く違ったものでなくてはなりません。
経営者をするにあたって金がない、人脈がない、知識がないなどというようにないものねだりをしていては必ず失敗します。
成功者は分からないことは自分で調べ、自分でできないことは人に頼みます。
できないことに直面した時は、できないと諦めるのではなく、どうすれば自分で実現できるかということに思考の重点をおきます。

 そしてネットビジネスはリアルビジネスと比べて初期費用や固定費が安く済みます。
つまり、今まで述べてきたような前向きな思考でビジネスをすれば稼げる道しかないのです。
私が提唱しているメールビジネスは月あたりの維持費は1万円以下です。

 しかし、多くの人がビジネスを諦めます。
受験勉強や会社の仕事など、答えやマニュアルがある環境に慣れすぎていて自分にできないことや予想外のことがあるとすぐに諦めてしまうのです。

 ビジネスの世界は何をしてもいい、なんでもありの世界であり、様々な行動を自分で選択しなければなりません。
マニュアルありきの考え方から脱して壁にぶつかっても前向きに改善策や問題点を自分で考え、何回も挑戦していきましょう。

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら