本物のビジネスコンサルタントと偽物を見分けるにはどうすればよいのか。

意外かもしれませんがその答えは出版業界を見れば分かります。

私も本を出版した経験があるので分かるのですが、商業出版というものはとても難しいものです。 本を出版するのにかかる費用は著者ではなく出版社が負担します。 ですから売れる見込みがある本でないと出版することはできません。 そして本を少しでもたくさん売ることが目的なので、編集者も必死です。 原稿のどこがダメなのかを遠慮なく著者にぶつけてきます。 つまりそれだけ高いレベルの本でないと出版できません。 ごく限られた人しか商業出版で本を出せない理由はここにあります。

しかし、自費出版は違います。 自費出版では、出版社の目的はとりあえず本を出すことです。 出版にかかる費用は著者もちで、出版社の収益もそれに含まれています。 たくさん売れるかどうかはあまり関係ありません。 そのため、編集者は自費出版においては著者の原稿を絶賛することしかしません。 ダメ出しをして著者の機嫌を損ねた結果、出版を諦めてしまった場合は会社の利益につながらないからです。 編集者は褒めるばかりで悪いところも改善されないので、必然的にレベルの低いものばかりが集まるようになります。

ビジネスコンサルタント業界でも同じ構図を見ることが出来ます。 アフィリエイト系の情報商材のように、より多く売ることだけを考えているような商品ですと、「簡単に」「楽に」「すぐに」といったような誰でも飛びつきたくなるようなうたい文句を並べていることが多いです。 当たり前ですが簡単に、楽に、すぐに稼げる方法など存在しません。 そして自費出版のように相手を肯定することしかしないので教える側も教わる側もレベルの低いものとなります。

本気でビジネスをするためには甘えは不要です。 ですから私は相手が不愉快になることも平気で言います。 「そのような言い訳は通用しない」、「そのビジネスモデルでは稼げない」といったこともです。 また、やる気や能力の面でビジネスに向いていない人からの依頼を断ることも多いです。 そのような人が稼げるようになることは決してないからです。 本物のビジネスコンサルタントはこのようにしなければなりません。 つまり、「自分が客になることすら難しいコンサルタント」こそが本物のビジネスコンサルタントと言うことができるのです。 この点は商業出版の仕組みと全く同じです。

また、そのコンサルタントがコンサル以外の面でどのような人物か、も大事なことです。 具体的には、そのコンサルタントが他の事業でどのくらい稼いでいるか、ということです。 教えるからには、自分がそれ以上の実績をあげていなくてはなりません。 自分の実体験に基づいたアドバイスを行えるかどうかです。 1000万円稼いだことの無い人が他の人に1000万円稼ぐアドバイスをできるわけがありません。

簡単なことですが実はこのようなことに気づいてる人は実に少ないです。

著者プロフィール

はらいかわてつや
はらいかわてつや

Dr.Freedom

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

心理学者、プロモーター
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役社長
日本働き方改革推進本部 監査役
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で