メッセージの必要性について考えてみてください。

マーケティングの原則は、マーケット、メッセージ、メディアです。

どのようなメディアでマーケットにメッセージを届けるかを考えることに時間と労力を割いてしまいがちですが、メッセージの中身がしっかりしていなければ、狙い通りの情報をマーケットに届けることができません。

そこで、メッセージの中身を見直してみてください。

メッセージを作成することの最大の目的は、受け取った側からの反応を得るということです。

見ただけでスルーされてしまうような中身では、広告としての役割を持つことができません。

まずは、メッセージの中身を工夫し、メッセージを見た人からの反応を得ることが大事になります。

そこで、メッセージの作成を行うときに注意しなければならないことを具体的に解説していきます。

第一に、メッセージに反応することによって、有益な結果を得られるということを約束することが重要です。

ビジネスは、売れなければ始まりません。

何よりもまず、売るための手段としてどうあるべきかを考えましょう。

メッセージに反応したくなるような魅力的な情報をメッセージに盛り込んでください。

その情報は、具体的な言葉で綴るように心がけてください。

陳腐な言葉では、信用を生むことができず、反応を得ることができないためです。

そして、情報として、取引条件を明記してください。

例えば、商品・サービスの値段、割引条件などです。

広告は、メッセージを通じて取引のオファーをしているのと同義なので、確実に明記してください。

次に、メッセージの中に、興味を持った場合の具体的な行動方法を明示します。

例えば、電話によって申し込みができる、用紙に必要事項を記入してファックスまたは郵送をする、インターネットで申し込む、等です。

これを明確に示していなければ、メッセージの反応を得ることができなくなります。

興味を持ったら、こうしなさいという指示をメッセージにしっかりと明記しましょう。

最後に、メッセージを受け取った人がすぐに行動を起こしたくなるような情報を盛り込むことが重要です。

例えば、いつまでに注文をすれば割引やプレゼントがもらえる等です。

それが魅力的であれば、商品・サービスの価値に魅力が上乗せされ、すぐに反応してくれるようになります。

これらがメッセージを作成するときの指標になるものです。

これえら全ての条件を満たすメッセージを作成しましょう。

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら
Tagged with →