広告活動と自社の商品・サービスにかける時間の割合を考えてみてください。

社長という肩書きを持っている方で、後者に比重を置いているという方は、ビジネスの失敗に向かっている可能性があるので、注意してください。

会社を経営していく中で、最も大事なこと、というよりはその前提となるものは何だと思いますか。

利益を生むことです。

利益を生むことができなければ、会社を経営し、ビジネスを行う意味がありません。

では、会社として利益を生むために最も必要なことは何だと思いますか。

言うまでもなく、マーケティングです。

そのマーケティングを行うことが、社長としての責任なのです。

マーケティングは、顧客を引き寄せ、商品・サービスを売り、リピーターになってもらうために行います。

その中で様々な手法の中から自社に合うものを選び取っていくのです。

どんなに素晴らしい商品・サービスを有していても、それが人に知られ、興味を持ってもらい、購入してもらえなければ1円にもなりません。

顧客を掴むために、広告活動を行うことは必須の条件となります。

広告活動を積極的に行いましょう。

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら
Tagged with →