「勇気」があれば人は困難に遭遇した時にも、
周りの人のことを思い、優先することを放棄せずに、
問題を解決していくことができます。

アドラーはこの「勇気」を
共同体感覚の一側面であると言っています。

「勇気」のない人は困難に遭遇すると
周りの人のことを優先できず、
自分のことばかりを優先してしまいます。

つまり共同体感覚を放棄してしまうのです。

「勇気」のない人、
自分のことばかりを優先する人は、
周りの人からの評価を気にします。

周りの人に貢献することよりも、自分のことばかり考え、
どのように自分が見られているかばかりを気にするからです。

他人の評価に左右されてはならない。
ありのままの自分を受けとめ、
不完全さを認める勇気を持うことだ。
アドラー

一方で「勇気」のある人は
他人の評価を気にすることはありません。

誰かからほめられたり、
認められたりすることがなくても、
自分が周りの人の役に立っている
という事実に満足を感じられるからです。

「勇気」のない人を「勇気づける」ためには、
周りの評価を気にせず、自分を良く見せる必要がない
ことを教えてあげることが重要です。

人が自分をどう思うかを気にする必要はなく、
ありのままの自分のままでいいのだということ
を気づかせてあげることが「勇気づけ」なのです。

このことは、不完全な自分を認める
「勇気」を持つことにもつながります。

人を勇気づけるためには、

「ここまでできたらあなたを認めます」

「これができないならあなたを認めません」

などと言うように相手の行動に
条件をつけてはいけません。

そのままの相手をそのままの状態で受け容れる、
それが勇気づけになるのです。

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で