ビジネスで自分よりも格上の相手と距離を近づける方法が一つあります。

それは「返応性の法則」というものを利用する方法です。

簡単に言い換えると、相手のメリットだけを考えるということです。

自分から相手に与えることだけを考え、最終的に少しだけのお返しをもらう方法です。
この少しだけのお返しが後々に莫大な利益を生むことになります。

ネットビジネスの世界でも家にこもって一人きりでできるビジネスはありません。
他人とのコミュニケーションが必ず必要になります。

もし見ず知らずの人からいきなり「○○について教えてください」と頼まれたらあなたはどうするでしょうか。

このように知らない人から急にお願いされたとしても大半の人は断ると思います。

しかし、自分が教えて欲しい立場になるとこの思考が抜け落ちてしまうので、このようなことをする人は多くいます。

そこで、人に何かを頼む時には何かしらのアプローチが必要です。

大きく分けると、以下の3通りになります。

・相手と一緒に仕事をする

・相手に与える

・お客様になる

これらの3つはどれも返応性の法則を利用したやり方です。

○相手と一緒に仕事をする

自分よりも格上の相手と一緒に仕事をするというのは難しそうに思えるかもしれません。

実際に難しいことなのですが、絶対に不可能であるというわけでもないのです。

相手の言うことに従って仕事をし、圧倒的な結果を出せばいいのです。

例えばあなたがこのサイトで書かれている通りにオリジナルの専門的なサイトを作り、月50万を稼ぐことができるようになったとします。

そして「この成果をお客様の声として使ってください」と連絡するのです。

そうすると私も無視することはできなくなります。

このように、自分の仕事の成果を相手に対して無償で与えるのです。

そうすれば、返応性の法則により相手も一緒に仕事をするようになるのです。

○相手に与える

結果を出すことが難しければ、自分のスキルと時間を使って相手の望むものを与えるという方法もあります。
この時は相手の望むものでなければただのありがた迷惑になってしまう可能性が高いですが、うまくいけば相手から「ぜひお願いします」と言われることは間違いありません。

○お客様になる

この相手のお客様になる方法が3つの中で一番簡単かつ確実な方法です。
1〜2万で教えてもらおうとすると難しいかもしれませんが、高額のセミナーなどに申し込めば良質な内容を個別で教えてもらえる可能性が高くなります。
私も自分で100万を稼ぐようになる前には300万のコンサル費用を支払いました。
その後に自分で努力し、稼げるようになったのです。
このように、お金を払って教えてもらうのが一番手っ取り早く教えてもらう方法であると言うことができます。

ここまで格上の相手からビジネスを教えてもらう3つの方法をご紹介しましたが、3つとも全て返応性の法則を利用しています。
つまり、相手に与えることだけを考えるということがすべての基本なのです。
しかし自分が教えてもらう立場になるとこの思考が抜け落ちてしまう人が多いです。
これはビジネスの基本で、お客様に対しても与えることだけを考えなければならないのでこの思考を身につけていないとビジネスで成功することはありません。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で