アルフレッドアドラーはこう言いました。

自分の不完全さを認め、受け容れなさい。
相手の不完全さを認め、許しなさい。

先にご説明した通り、共同体感覚を高めていくには、自分と異なる意見や価値観を受け容れ、かつ
自分の意見や価値観を相手に押しつけないことが必要です。
また、それと同様に自分や相手の不完全さを認め、受け容れることも共同体感覚を高めていく上で必要不可欠なのです。
私の友人の話でこんな話があります。
友人のAさんは、Bさんのお誕生日のお祝いの食事会の際、Bさんの話も聞かず騒いでいる他の友人たちに強い怒りを覚えたと言います。
Aさんは、主役であるBさんをたて自分たちは聞き役にまわるべきなのに、とんでもないと考えたのでです。
しかし、他の友人たちはそういったことに気が回らず、自分たちだけでおおいに盛り上がっていたらしいのです。
Aさんは我慢できずにその友人たちに注意をしたのですが、彼らは「わかった、わかった」というだけで一向に行動を改めることはなかったのです。
Aさんは、彼らを軽蔑して睨みつけ、彼らを責めることでやめさせようとしました。
Aさんは決してまちがっていないし、その配慮は素晴らしいです。
しかしその配慮を他の友人に強制させたのは間違いです、これは共同体感覚に反する行動です。
確かに主役を無視して盛り上がる友人たちは不完全な人間でしょう。
ただ、その人たちを睨みつけるAさんもまた不完全な人間で、お互い様なのです。
そうであれば、不完全である自分や相手を認め許すべき、それなくして共同体感覚を高めることはできないのです。
不完全であるからこそ人間臭い、不完全だからこそ愛らしい、と許すことのできる、そんな広い度量をいつも持ち合わせることが大事なのです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で