マーケティングの原則であるマーケット、メッセージ、メディアに商品・サービスが入っていないのは何故なのかについて考えてみましょう。

マーケティングは、売り手側が商品・サービスを売るために考える必要のあるものです。

そこには、売り手側の意思や想いは関係ないということを意味しています。

ビジネスを行い、利益を出すためには、マーケティングが必要不可欠になります。

その中で、大事なことは、顧客の求めるものを理解し、それに合った商品・サービスをつくり、顧客を引き寄せ、リピーターにすることです。

つまり、顧客の求めるものを作らなければ売れないということです。

商品・サービスをつくるとき、売り手側の思う価値創造を行ってしまいがちです。

しかし、それでは商品は売れません。

なぜなら、売り手側の価値観と買い手側の価値観が異なっているからです。

売り手にとって素晴らしいと思える品質であっても、必ずしもそれを買い手側が求めているわけではありません。

例えば、最高の品質を求めてフランスから食材を輸入し、フレンチを提供しているレストランがあったとします。

レストランとしては、最高の品質を求め、それを実現できれば顧客に喜ばれると考えた結果ですが、本格的に最高級なフレンチを顧客が求めていなければ、そのレストランはまず流行らないでしょう。

大事なことは、最高の品質をもった商品・サービスをつくることではありません。

顧客のニーズに合致した商品・サービスをつくり、提供することです。

また、食材を例にとって考えてみてもわかりやすいです。

最高級のウイスキーと、市販されている安いウイスキーの違いに、誰が気づくと思いますか。

ほとんどの人は、自分にとって美味しいほうのウイスキーを選び、そのウイスキーを買うでしょう。

これが大きなポイントになります。

顧客にとって美味しいウイスキーを作らなければならないのです。

売り手側は、頑張っていれば頑張っているほど、最高のものをつくりたいと思ってしまうものです。

しかし、それは売り手側のエゴというものです。

本質的に顧客のためになる商品・サービスを考えることが、ビジネスを成功させるための秘訣です。

ただ、商品・サービスの品質を向上させなくてもいいというわけではありません。

品質的価値の創造は非常に重要です。

しかし、それをメッセージとして正しく顧客に伝えることができなければ、その価値に意味をもたせることができなくなります。

正しくメッセージを伝えるということを見直しながらマーケティングを行いましょう。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら
Tagged with →