はらいかわてつやです。

お金持ちになりたい、もっとたくさん稼ぎたいというあなたなら
「どのようにすれば稼げるかな、このようにすれば稼げるかな」
といろいろ考えるでしょう。

実際のところ「稼ぐ」ことばかり考えると
いいアイディアは生まれてきません。

「楽しそう」「おもしろそう」「興味がわく」などと考えて考えを浮かばせた方が、
結果的にいいアイディアが出てくるのです。

初めは、損や得などの考え方はやめた方がいいです。

心理学には、「どの程度面白い考えが出せるか」を検証するために「創造性テスト」を行います。

知能テストと同様にそうテストという物があるのです。

テキサス州サンジャシント大学のランディ・コックスは、
この「創造性テスト」を使って新しい何かを考えだすことと
報酬の関係性を調べる実験を行っています。

コックスは、褒美を変えながら、どのチームが
一番新しい何かを考えだすことができるかに興味を持っていました。

そして次のような条件を出して大学生にたくさんのアイディアを出させました。

1つ目のグループには、面白いアイディアを出しても褒美はなし。
2つ目のグループには、面白いアイディアを出したら成績が10ポイントアップ
3つ目のグループには、同様に成績が40ポイントアップ
4つ目のグループには、同様に成績が80ポイントアップとします。
さて問題です。この中で最も新しい何かを考えだすことができたのはどのグループでしょうか。

だれしもがもらえるポイントが高いグループほど
新しい何かを考えだせるだろうと推測します。

しかし、一番アイディアが出せたのは
「褒美がない」グループだったのです。

人は、「何かいい考えがひらめいたら成績が上がる」
というように損得を考えるほど考えが厳かになってしまいます。

新商品を考えるときも「報奨金をもらうために何かいい考えを振りしぼろう」
という人は案外いいアイディアが出せません。

仕事においての義務を感じてしまうので個性的な発想が出せないのです。

御褒美がなかったとしても「どうしたら面白くなるか」
と考える方が、自由なアイディアがたくさん思いつくのです。

最近は日本でも青色発光ダイオードの発明権利を争う訴訟があったことがありました。
「優秀な権利がある物には特別な褒美をあげよう」という時のめぐりあわせがあっても、
私からするとばかばかしいものです。

初めからお金をもらうことを目的としていればいいアイディアは浮かびません。

「お金を追わず、仕事を追え、おかねは仕事の後から付いてくるのだ」

というようなことを岡野工業社長の岡野雅行さんが言っていました。

この会社は、少ない社員数の町工場ですが、金属加工では世界を誇る技術を持っています。

「刺しても痛みを感じない注射針」を作り出した会社と言えばわかるでしょう。

岡野さんが作り出した「刺しても痛みを感じない注射針」は、
蚊が刺すハリと同じ大きさを金属加工して作り出しています。

しかし、岡野さんは、損得勘定で行っているわけではありません。

「誰も作らないなら、自分が作って見せる」という職人のプライドを持ち作ったのです。

この会社は、1人当たりやく1億円の売り上げをあげています。

それは結果であり、お金は後からついてきているのです。

この点を見間違えてはいけません。
次のような心理学の研究もあります。

小さい子どもに好きなように絵をかかせ、かけたらお金をあげるようにすると、
絵を描くことをやめてしまいました。

お金をもらうことによって絵を描くのがつまらなくなってしまうということです。

成績やお金で得られる満足感には限界があります。

一方心の満足感は限界がありません。

「もっと面白いアイディアが浮かばないかな、今よりもすごいものを作れないかな」
という欲望を持つことがいいです。

ルノアールは、亡くなるまで絵を描き続けていました。

その理由は、絵を描くのが楽しいからです。

お金が欲しいだけではそのような感情は表れないでしょう。

アイディアを出すことをもっと楽しむべきです。

そうすれば、アイディアがたくさん浮かび、面白いことを考えれば
「自分はこんなにもお金持ちになったんだ」と驚くほどお金がたまるのです。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で