はらいかわてつやです。

「30分あれば終わる仕事だから、ちゃちゃっと出来るよ」なんて言われて引き受けたところ
実際はそれ以上の時間と労力を要する仕事だった、なんてことはよくあります。
1

そんな時は、貴方にその仕事を頼んだ相手に対して怒りを感じるものです。

「30分って言ったのに1時間以上かかるじゃないか。嘘つきめ・・・」

と怒りが頭の中を駆け巡り、相手を恨みたくさえなります。

元々は引き受けた自分の責任であるので
このように相手に苛立つのは筋違いかもしれませんが、
そうは言っても感情は抑えられません。

皆さんも一度や二度経験がある事でしょう。

私自身もこのような事はよくあります。

後輩からの依頼を気軽に引き受けたところ、
実はものすごく手間がかかり相手を恨めしく思ったりします。

特に、急ぎの仕事が並行してあったりすると、
気持ちに余裕がなくなり相手に軽い殺意さえ芽生えてしまいます。

このようなトラブルを避けるのに有効なのが「予告話法」です。

予告話法は、事前に予告したり、警告したりしておく方法です。

例えば、仕事のお願いをする時に次のように言ってみましょう。

「実は折入ってお願いしたい事があります。
けれども、それは貴方にとってすごい負担がかかる事です。

それでも貴方にお願いしたいので、お話しさせて下さい。

説明を聞いた上で、可能であれば協力をお願いできますでしょうか?」

このように低姿勢で頼んでおけば、
相手もそれなりの覚悟が出来るというものです。

そして、実際にその依頼が予想以上に大変だったとしても

「きちんと説明された上で引き受けたのは自分だから仕方がない」

と、自分の責任とする事が出来ます。

一方で、依頼が簡単であれば

「負担がかかるって言っていたけれど、そうでもなかったな」

と感じます。

つまり、いずれの場合に転んでも、依頼を持ちかけた人に対して、
依頼を受けた側が嫌な印象を抱くことはありません。

こういったテクニックは日常でも使われています。

例えば、医者の患者への病状説明が挙げられます。

医者が患者に病状を説明する時は、楽観的観測は伝えません。

最悪の想定を告げる事が殆どです。

1カ月から3カ月の入院が必要な場合なら、
「1か月も入院すれば良いでしょう」ではなく
「少なくとも、3カ月の入院が必要です」と言います。

なぜなら、1カ月と言われて1カ月で退院できない場合
患者は医者に対して不信感を抱くからです。

3カ月と言っておけば、患者もその覚悟が出来ますし、
仮に3カ月以内に退院出来れば

「先生のお蔭で予定より早く退院できました。ありがとうございます。」

と感謝してもらえます。

従って、お願い事をする時には「負担になるかもしれないけど」
「面倒なことを頼むと思うかもしれないけど」等の文句を必ず添えましょう

これは、後々の貴方と相手の関係を良好に保つのに非常に役立つはずです。

ご参考までに。

はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら