Published


はらいかわてつやです。

すでに会社を経営されている方はもちろん、上司やリーダーといった立ち位置の方も、自社の社員や部下の姿を頭に思い浮かべてみてください。

すると、どうしてもっと実のある仕事をしないのか、もっと頑張れるのに力を発揮しないのか、このように思うことはないでしょうか?

上に立つ人間がそう感じるのは当然で、実は半数以上の人間が実力を100%出し切ることなく、流されるように仕事をしているというリサーチ結果があります。

会社と社員の関係は、給与でつながっている場合が多くあるでしょう。

給与が欲しいために社員は働きますが、給与が変わらないのであれば、最低限の仕事だけしていればいいや、という考えになります。

歩合制の会社であったとしても、多くの社員が自身を甘やかしており、上り詰めようとする社員はほんの一握りです。

それではもし、この社員たちが持っている潜在能力を引き出すことができたなら、会社にとってどれだけ有益でしょうか?

その答えがこの「社員を動かす社長のカリスマ仕事術」にあります。

50%の力しか出していない社員ばかりだった場合、それを100%に高めることができたなら2倍の力となります。

すべてを引き出すことができなくとも、50%の力で頑張っている社員を80%に変えることができたなら、会社にとって人件費を増やすことなく、戦力だけを手に入れることができるのです。

そのために必要なのは、社長、上司、リーダーといった上に立つ人間の考え方を変える必要があります。

現在、社員や部下が力を発揮していないのだとすれば、その責任は彼らにあるのではなく、上手に引き出していない上の人間の責任です。

今までのやり方を変えるのは難しいと考えるかもしれませんが、すぐに実行することのできる解決法が本書の中にありますから安心してください。

この「社員を動かす社長のカリスマ仕事術」の著者であるマイケル・マスターソンは自身もビジネスでの成功者であり、ゼロからの起業で何十もの企業を発展させることに成功した人です。

中には年商1億ドルを超える企業もあり、事業の内容も飲食店から建設、出版、宝飾、不動産、スポーツ、キャリア開発など様々な業種で手腕が生かされていることも特徴です。

つまり、これから社員の能力を大いに引き出したいと考えているのでしたら、サービス業、製造業、小売業など、どのような分野でも本書が有用だということです。

それでは、能力を100%に近い状態で出し切っている社員をハイパフォーマーと呼ぶことにしましょう。

マイケル・マスターソンは自社の社員をハイパフォーマー化することで、会社を成長させてきました。

ハイパフォーマーとなれば、こちらから指示命令を下さなくとも、自発的に仕事へと取り組むようになります。

社内の社員全員がハイパフォーマーとなったならどれほどの戦力になるのかと、是非ワクワクした気持ちで本書を読んでいただけたらと思います。

その前に、ハイパフォーマーを増やすための秘密をここで少し紹介していきましょう。

社員や部下をハイパフォーマーへ変えるためには、一体何が必要でしょうか?

こう質問を投げかけると、優れたリーダーシップだと答える人が多くいます。

しかし、実際に成功している経営者全員がリーダーシップを持っているかというと、そうではありません。

経営者や上司、一人一人性格は違いますが、リーダーに不向きな人であってもハイパフォーマーを育てることができるとマスターソンは言います。

ただし、以下の二つの力だけは本書で学び、身につけてください。

その一つが魅力的な目標を設定する力、そしてもう一つが、相手を説得させる強い力です。

この二つを手に入れることができれば、自身の性格がリーダー向きでないと感じているような人でもハイパフォーマーを手に入れることができます。

また、社員や部下との付き合い方で悩んでいる方もいるでしょう。

本書には、社員や部下との話し方や叱り方などのコミュニケーションから、会議の進め方、正しい解雇の方法までが網羅されています。

社長や上司であれば必ず出くわす問題へは、実際の事例を交えながらの解説が行われていますので、即実行することができます。

現在社長や上司、リーダーである人だけでなく、今後ステップアップしていくであろう社員や、これから先起業を考えている方へも非常におすすめな内容となっています。

マスターソンの言葉はすべてが実際に経験したことであり、40年間のビジネス人生の中で培ったものばかりが集約されています。

名前を聞いたら顔が浮かぶような大企業の社長の中には、本書に書かれていることを自然と行っている人もいるでしょう。

そうした人から話を聞きだす機会はなかなかありませんが、この「社員を動かす社長のカリスマ仕事術」を読むことで、成功している人の考え方を知ることができます。

そして、次は自分自身で実践することができます。

この本には、社長として成功するために必要なことがすべて書かれているといっても過言ではありません。

のんびりと仕事をしている社員や部下を明日からハイパフォーマーにするために、そして会社や自身の価値を上げるために、マスターソンのカリスマ仕事術が必ず役に立つでしょう。

この本の詳細を見る


はらいかわてつや

著者プロフィール

はらいかわてつや
人生に革命を起こすスペシャリスト

Facebook 11万いいね!突破
メルマガ読者数23万人突破
YouTube 100万再生突破

革命コンサルタント、活動家、心理学者、プロモーター
心理カウンセラー、メンタルトレーナー
一般社団法人 日本IT行動科学研究所 理事 兼 エグゼクティブフェロー
株式会社プログレッシブジャパン代表取締役
リッチブレイン主宰 エヴァンジェリスト
世界的インテリジェンスコミュニティ創設メンバーの一人

平凡な人生に革命を起こしたい方にコンサルティングを行い、
過去10年間で累計3万名もの人生革命に携わる。

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で